家具職人入門

家具作りに興味がある、家具職人を目指したい そんなあなたに経験30年以上の現役家具職人が基本的ノウハウを CGを使ってわかりやすく説明します。

来ていただきありがとうございます。
説明用画像は全てCGでモデリングしています。
記事の更新には時間がかかるかもしれませんが、
精一杯頑張りますので、また来てくださいね。

メラミン化粧板を貼った天板に薄い無垢材を接着する場合ハネムーン接着剤や木工用ボンドを使い、クランプやハタガネ等で挟むと、手間の割には接着不良(主に隙間)が起こりがちです。もっと手っ取り早く出来る方法について説明したいと思います。まず、下画像のように、天板 ...

メラミン化粧板は施設や店舗関係の什器などによく使われています。天板や棚板などに貼り込む場合下面を先に貼り、次に正面、最後に上面という順序で貼ります。もし下画像のように貼ると、長く使っているうちにゴミなどが入って少しずつ浮いてきて、最悪剥がれる、という結果 ...

天板に無垢材を付ける場合、面取り形状や強度を考慮に入れて作業しなければなりません。今回は一般的に用いられる雇い核(やといざね)という方法で説明したいと思います。まず無垢材は天板厚より2~3㎜大きくしたものを用意します。雇い核加工には、トリマ用の横溝ビットを ...

単品オーダー家具を製作する場合、施工図には最低限の情報しか表記されてない場合が多いものです。打ち合わせなどで仕様を確認するのはもちろんですが、作り方に関しては制作者が考えなければなりません。大切なのは、図面を見て、各箇所の組み方や、寸法的なもの、使う材料 ...

今回は扉のついた簡単な家具の製作例について説明したいと思います。 外寸はW1000 D400 H560㎜ 断面詳細は下図のようになります。 まず最初に木取り表を書きます。内部は白なのでポリ板(2.5㎜)とランバーコア合板を仕上がり寸法より少し大きめに木取って、速乾ボ ...

サイコロ状の箱、全ての面に練り付けベニヤを貼る場合、角をトメに落とす 方法は色々とありますが(軸傾斜する横切り盤や専用の鉋など) ここではトリマを使った製作例で説明したいと思います。 まず下地となる箱を作ります。 大きさは500㎜角。 貼り付けるベニヤを木取り ...

面腰ほぞ接ぎはガラス戸や、丸面や角面加工された場合によく使われる組み手です。面加工された框でガラス戸を製作する場合、まず最初に下画像のように加工します。次にほぞ加工します、ほぞ加工のやり方は前記事の平ほぞで説明してありますのでそちらを参照してください。組 ...

ほぞ組みの種類はたくさんありますがここでは家具によく使われるほぞについて説明したいと思います。一番簡単な平ほぞは、かまちを枠組みする時に多く用いられますが、両胴付き、三方胴付き、四方胴付き、用途によって様々です。まずは、ほぞの基本を知るために下図のような ...

2枚の板をT型に組む場合、板厚と同じ溝を作って差し込む、という組み手になります。かなりの重量がかかる棚板や地板、構造や形状による要因で収まりを考えた場合、使える組み手の一つです。この組み手ははめ合いがきついと板が開いて反り返るという欠点があるので加工する際 ...

無垢材同士を組む場合や分解組み立てが必要な場合などに用いられる組み手で、緊結力が強く抜けにくいという特長があります。溝加工用にアリ用ビットを使います。板厚は20㎜溝の深さは10㎜に設定しました。位置を決めたらトリマを使って溝をついていきます。次にしまりこう配 ...

板を外側から釘やビスで止めるのが困難な場合や後から仕切りを入れたい、固定棚を追加したい、床や壁、天井に固定したい、そんな時などによく使われる方法です。板厚は20㎜で説明します。板の木口面に溝をつくわけですが、下図の赤い矢印の部分の残りが少ないと反り返ってく ...

45度で切った板同士を接着する場合強度が確保出来ないため、接合部に溝を切り溝に合わせた板を差し込むことで強度を得ようとする方法です。差し込む板の事を、やといざね、と言います。やといざねは、接合する板の厚みによっては2枚にしたり厚くしたりします。昇降盤での加工 ...

側面が仕上がっていて釘やビスも打てない、しかも数がある、そういう場合の選択肢としてこの組み手も覚えておきましょう。加工は大変で精度も求められますが楽で早く組めるというメリットがあります。横切盤で長さを決めて、昇降盤やルーターマシンでの加工となります。※図 ...

板の正面側(木端)が面加工されてる場合に交差させる組み手の加工方法をご紹介したいと思います。たとえば、丸面だったり角面だったり板厚は20㎜で角面が3㎜の場合で説明したいと思います。使う刃物は、トリマ用45°ビットとルーター用の14㎜ストレートビット、14㎜が無けれ ...

交差させる組み手の中では簡単な手法です。加工は前回と同じくハンドルーターかルーターマシンで行います。(今回も板厚は18㎜です)板厚と同じ径のビット、もしくは小さい径のビットを2回走らせて加工します。横板縦板組み動画※スマートフォンの方は画像をタップすると動画 ...

板を交差させる組み手の中で、強度のある組み手をご紹介します。加工は大変ですが組み上げる時は楽に組めるので、強度が求められるマス目家具や什器などにお勧めします。CG画像では18㎜の板厚でモデリングしてあります。加工はハンドルーターで説明しますが、木工所などでは ...

家具を製作する場合のコーナーの組み手について紹介したいと思います。仕様、数、大きさ、強度、手間、によって数多くある組み手の中から適切なやり方を選ばなければなりません、その中でも簡単な方法をピックアップしてみました。【いも組み(打ち付け継ぎ)】外面がまった ...

鉋がけをする時に悩むのが、かける方向ですね。まずは逆目とならい目について知る必要があります。木材の木口を拡大して見ると導管という穴が無数にあります。この導管が繊維の状態を見る目安となります。イラストで説明すると、丸太の中を無数の導管が通っています。その丸 ...

立ち鉋(台直し鉋)を使って、鉋台を仕上げ鉋用に削り出していきます。立ち鉋は刃先角が約35°で一枚刃ですので仕込み方は平鉋より簡単です、仕込みについては【鉋刃の仕込み】を参照してください。 ...

裏金のきつさや、ねじれの調整方法について説明します。穂(鉋の刃)と裏金の刃裏は完全に密着していることが必要です。穂の刃先を刃口まで叩き入れた状態で裏金を鉋台に手で押し込んでみてください。刃先から7㎜くらい手前で止まるように調整します。(画像は見やすいように ...

鉋台と刃の調整に入ります。仕込みがされていない新品の鉋は叩き入れても刃が出てこない状態にあります。 ...

鉋で木材を削る時、二枚刃鉋は裏金によって切削角を大きくして、さか目を防止しようとしたものです。穂と裏金が完全に密着していなければ削りくずが詰まって削れなくなります。とても重要な部分ですのでしっかり研いでいきましょう。 ...

裏押しが終わったら、次は刃を研いでいきます。鉋の切刃角は用途や材質によって異なりますが、今回は、一般的で用途が多い、中硬材(約25°)を目安に研ぎたいと思います。 ...

前回の【裏打ち】に続いて裏押しをしていきます。使うのは金盤(かなばん)と金剛砂(こんごうしゃ)金盤と金剛砂の詳細については、カテゴリーの【金盤と金剛砂】を参照してください。 ...

鉋を使い込むうちに裏刃の残りが少なくなってきます、そこで、のみと同じように裏押ししていくと、刃の肉厚が薄くなって鉋台から刃が出過ぎてしまいます。 ...

叩きのみは柄の部分に金属の輪がはめ込んでありますこれをかつらと呼びます。 ...

裏が仕上がったら、次は表を研いでいきます。ここでは人造の中砥石(画像右1000番)仕上げ砥石(画像左8000番)を使います。砥石も最近ではホームセンターで売っていますので参考にしてください。 ...

のみには色々な種類がありますが、ここでは大入れのみの研ぎ方について説明したいと思います。最初は裏面を平らに研ぎ出す【裏押し】という作業から始めます。 ...

金盤と金剛砂は鉋(かんな)やノミの裏面を平らに研ぐ時に使います。最近ではホームセンターでも売っていますが、金盤は台座付きではないかもしれません金剛砂は中目か細目がいいでしょう。薄い金盤(8㎜)を台座に固定する場合は、真っ直ぐな定規でレベル確認しながら止めま ...

今すぐ役立つ 日曜大工のコツ60 この1冊でDIYを完全マスター! コツがわかる本 [Kindle版]DIY倶楽部メイツ出版2017-05-27LAMP by SUGATSUNE 2008-2011 総合カタログ No.170(制作日2008年3月)スガツネ工業(株)木工手道具の基礎と実践: 道具の種類・特徴から刃研ぎや仕込み ...

↑このページのトップヘ