0トップ
棚板用のダボレール(アルミ製)は打ち込みダボよりピッチが細かく
加工も容易なので収納家具でよく使われます。
施工図に寸法指示があれば良いのですが、
箱の奥行きに対してどの位置に付けたらいいのか分からない場合が多いと思います。
特に決まったルールみたいなものはありませんが、バランスが大切なので
私がいつもやっている感覚で説明したいと思います。
下画像は奥行きが450㎜の例になります。
250~500㎜くらいまでは35㎜センターでやってます。
1レール位置
奥行きが500㎜以上になると50㎜センターくらいで良いと思います。
2レール位置
奥行きが250㎜以下だと20㎜センターくらいです。
3レール位置
次に長さ(高さ)ですが、上下を通してしまうと
下画像のように中芯が切れてしまう恐れがあります。
5レール溝
スライド丁番とダボレールが干渉してしまうことも・・・
6スライド丁番との関係
扉の大きさにもよりますが、スライド丁番がつく位置を
考慮に入れてダボレールの溝は止めておきます。
そうすれば中芯が切れることもなくスライド丁番と
ダボレールが干渉してしまうことも無くなります。
7スライド丁番との関係
スライド丁番が三箇所吊りの場合はダボレールの位置は
奥にずらした方が良いでしょう。
8スライド丁番との関係
下画像は扉とスライド丁番の位置について書いてみました。
いつもこんな感じで加工をしています。
9スライド丁番位置
10スライド丁番位置