簡単な 椅子

過去の記事を参考にして簡単な椅子を作ってみます。
使う材料はホームセンターなどで手に入るホワイトウッド。製材されているので長さを切ればそのまま使えます。
説明用画像では節の無い木目になっていますが、実際は節などが多数あります。
下図が図面になります。使う部材に番号をつけておくと加工する時にかなり把握しやすくなります。
椅子図面
まずは脚から、手鋸で長さを切る場合は【ほぞ手加工その1】を参考にしてください。

脚材

次は側面上下の部材を用意します。両側をほぞで組むため60㎜長くしてあります。
図面に詳細を書きましたが、ほぞ穴の深さは31.5㎜なので少し余裕をみて、ほぞは30㎜にしました。

側面横材

前後の横材も全てほぞの分、60㎜長くしてあります。

前後横材

脚にほぞの墨出しをします。ホワイトウッドは針葉樹で柔らかいので框厚より1㎜小さく墨出しします。
ほぞ幅は18㎜にしました。

ほぞの墨出し ほぞの墨出し2 ほぞの墨出し3 ほぞの墨出し4

墨に合わせてほぞ穴を掘ります。角のみ盤を使う場合は【二方向ほぞ】を、手ノミを使う場合は【ほぞの手加工その2】を参考にしてください。

ほぞ穴加工

SK11 角のみアダプター&ドリルスタンドII ドリル首径38,42,43,45mm専用 SKDS-45S

ほぞ穴加工2

次に、ほぞの墨を出します。胴付きは30㎜の位置に、ほぞ厚は18㎜にします。

ほぞの墨

ほぞを手加工する場合は【ほぞの手加工その3】を参考にしてください。

ほぞ加工

前後の横材も同様にほぞ加工します。

ほぞの墨出し

ほぞ加工2

前脚上部と後脚上部は三方胴付きになります。ほぞ穴は18×30㎜なので、ほぞは18×31㎜にします。

ほぞの幅各所ほぞ幅

【二方向ほぞ】でも説明しましたが、ほぞ同士が当たってしまうので、先端をトメ(45°)にカットします。

ほぞ45度カット 各所トメ切り 各所トメ切り2

ほぞの先端は組みやすいように入り面を取っておきます。

ほぞ入り面

組む前に角は面を取っておきます。框同士が平らになるところは残しておきます。

面取り

ライト精機 トリマー・ルータービット TR-17 呼称 1分 商品名称 ボーズ面(コロ付)(トリマ用)

面取り2
面取り3

ほぞ穴とほぞの両面に木工用接着剤をつけて組みます。
はみ出た接着剤は濡らしたブラシやウエスで拭き取ります。

椅子組み立て

椅子組み立て2

直角を確認します。

椅子組み立て直角確認

シンワ測定 アルミ台付スコヤ 300mm 74112
反対面も同様に。

椅子組み立て3

前後の横材組み込んでいきます。椅子らしくなってきました。

椅子組み立て4 椅子組み立て5

椅子組み立て直角確認2
椅子組み立て終了

座面の裏の部分に入れる補強材を作ります。45°にカットした部材を4つ用意します。

隅木


皿キリで4か所穴を開けます。

隅木皿錐加工

スターエム 皿取錐 №58S3X8MM

接着剤をつけて下画像のようにビスで固定します。

隅木取付隅木取付完了

座面と背板になる板を9枚用意します。
厚み21㎜幅80㎜の板を470㎜でカットして角は全て面を取りました。

座板と背板

座の一番後ろになる部分は欠きを入れておきます。

座板の加工

座板と背板を組んでしまうと塗装が大変なので、組む前に塗ってしまいます。
ここではワトコオイルを使います。
ワトコオイルはホームセンターなどで売っています、刷毛などで塗ってウエスで拭き取るだけなのでとても簡単に塗装できます。

オイルステイン塗装

ワトコオイル ダークウォルナット W-13 1L
座板と背板にビスで止める為の穴は、後で木栓を埋め込むので径10㎜深さ10㎜の穴を開けておきます。

座板と背板に穴あけ

本体に固定

座、背板固定

止め終えたら木栓用錐で作った木栓を埋めます。

座板と背板に木栓を埋める

STAR-M 家具・建具用 No.58S 普通鋼皿取錐&埋木錐セット 皿取錐(A×B)×埋木錐D (4×10.5×10.5mm) 58S-S4105 スターエム 三冨D

サンドペーパーなどで平らに仕上げてワトコオイルを塗れば完成です。

簡単な椅子完成

ホームセンターなどで簡単に手に入る材料や道具でこのような椅子を作ることも可能です。
興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA