のみには色々な種類がありますが、
ここでは大入れのみの研ぎ方について説明したいと思います。
最初は裏面を平らに研ぎ出す【裏押し】という作業から始めます。
大入れのみ

用意するものは、金盤 金剛砂 木の棒 金剛砂と金盤


金盤、金剛砂についてはカテゴリーの【金盤 金剛砂】を参照してください。
金盤の上に金剛砂をひとつまみ程度出し、水を2~3滴たらします。
(金剛砂のフタの部分に小さな穴を開けておくと適量出す時に便利です、
使い終わったらマスキングテープなどで穴をふさいでおいてください、水分が入ると固まりますので。)
金剛砂と金盤2


棒とのみを重ねて握り、
金盤全体に軽くのばすように金剛砂と水を広げてから、
刃先の辺りに重心をかける感じで、
金盤全体を使い、力強く研いでいきます。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
裏押し動画

続けると乾いてくるので水を2~3滴追加しながら荒研ぎします。
裏面を見て、刃先部分が平らになるまで金剛砂と水を追加して繰り返し、
黒くなってる部分があれば無くなるまで研ぎ出します。

のみ裏面2
平らになったら今度は
①金剛砂は使わずに、水だけを追加し擦ります。
摩擦で乾いてきますが、更にそこから20~30回程度
空擦りします。
①を二回ほど繰り返すと少し艶が出てきます。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
裏押し動画
最終仕上げは、ウエスで金盤とのみをキレイに拭き取り、
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
ウエスで拭く
ウエスで拭く2
②水だけを垂らして、擦り続けてください。
水
③乾いても20~30回押し続けます。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます
裏押し動画
②③を何度か繰り返し、顔が映り込むようになったら完成です。
のみ裏面3
幅の狭いのみは棒は使わずに直接、手で研いでください。
最近ではセラミックやダイヤモンド砥石というものもあります、
細かい番手のものもありますので代用も可能かもしれません。

常三郎 ウラ刃研器 鉋、小鉋、押金、鑿共用 手入道具
常三郎 ウラ刃研器 鉋、小鉋、押金、鑿共用 手入道具