裏が仕上がったら、次は表を研いでいきます。
ここでは人造の中砥石(画像右1000番)仕上げ砥石(画像左8000番)を使います。
砥石も最近ではホームセンターで売っていますので参考にしてください。
仕上げ、中砥

まず、砥石に水を吸わせます、水に入れると気泡が出てきますので、
出なくなるまで入れておきます。
バケツ水 
最初に中砥石を使います、研ぐ角度は30°~35°を目安にしてください。角度


たまに水をかけながら、砥石全体を使い、
角度をキープするように研ぎます、
手首や肘が不安定だと刃先が丸くなって切れ味が半減しますので、
真っ平らに研げるように何度も練習しましょう。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
中研ぎ


刃先までしっかり研げると刃金がまくれ返ります、これを刃返りと言います。
刃返り
刃の裏側を指先で下から上へ軽くなでて、引っかかる感触があれば大丈夫です。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
刃返り 
次に仕上げ砥石で研いでいきます。
仕上げ砥石は粒子が細かいので特に刃金(刃先)
の部分に光沢が出てきます。
こまめに水で砥石表面を洗い流しながら研ぎます。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
仕上げ研ぎ 
①刃先まで同じ光沢が出るまで研ぎます。
のみ仕上げ研ぎ
②裏面も研いで刃返りの部分を落とします。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
裏仕上げ
①と②の行程を2~3回程繰り返して切れ味を確認してみましょう。
のみを垂直に落とすだけで新聞紙が切れたらOKです。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
切れ味
練習用に角度を固定できる刃研ぎガイドというものもあります、
慣れるまではこういったグッズを使うという手段もあります。






















前の記事】【次の記事