鉋の 裏押し

前回の【裏打ち】に続いて裏押しをしていきます。
使うのは金盤と金剛砂。
金盤と金剛砂の詳細についてはカテゴリーの【金盤と金剛砂】を参照してください。

金剛砂と金盤

ナニワ 金剛砂 RA0050

①下図のように金盤の上に金剛砂と水を適量出したら刃の上に棒を重ね持って、軽く金盤全体にのばします。

金剛砂と金盤2

本職用 精密 金盤 特厚 金剛砂・巣板パウダー付 販売ルート複数のため在庫表示アリでも品切れ中の場合あり。その場合要納期・詳細要確認。

棒と刃
そして重心を刃先気味に体重をかけるように強く押しながら前後に荒研ぎしていきます。
そのうち摩擦で水分が飛ぶので、水を数滴追加して更に続けます。

かんな裏押し

裏面を見るとまだ全体が平らになっていないようなので、平らになるまで再度①からやり直します。

荒研ぎ

平らになったら今度は金剛砂は使わずに②水だけを数滴垂らして、そのまま前後に研いでいきます。
摩擦で水分が飛ぶので、そこから更に乾いたままで強く20~30回程度空研ぎします。

金盤水かんな裏押し

②を2~3回繰り返すと裏刃に艶が出てくるので、今度は仕上げに入ります。
金盤と刃を濡れたウエスでキレイに拭き取って

ウエスで拭く

③水だけをを数滴垂らして擦り続けます。
乾いてもそこから更に20~30回程度強く擦り続けます。

かんな裏押し

③を2~3回程度繰り返すと刃裏が鏡面のようにピカピカになってるはずです。

刃、仕上がり

以上で裏押しは終了です。
実行するとかなりのエネルギーを消耗したはずです。
お疲れ様でした。

【前の記事】..【次の記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA