前回の【裏打ち】に続いて裏押しをしていきます。
使うのは金盤(かなばん)と金剛砂(こんごうしゃ)
金盤と金剛砂の詳細については、カテゴリーの
【金盤と金剛砂】を参照してください。
金剛砂と金盤
①下図のように金盤の上に金剛砂と水を適量出したら、
刃の上に棒を重ね持って、軽く金盤全体にのばします。
金剛砂と金盤2


棒と刃
そして重心を刃先気味に、体重をかけるように強く押しながら
前後に荒研ぎしていきます。
そのうち摩擦で水分が飛びますので、水を数滴追加して
更に続けます。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
かんな裏押し
裏面を見るとまだ全体が平らになっていないようなので、
平らになるまで、再度①からやり直します。
荒研ぎ
平らになったら今度は金剛砂は使わずに、
②水だけを数滴垂らして、そのまま前後に研いでいきます。
摩擦で水分が飛びますが、そこから更に乾いたままで、
強く20~30回程度空研ぎします。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
かんな裏押し
②を2~3回繰り返すと、裏刃に艶が出てきますので、
今度は仕上げに入ります。
金盤と刃を濡れたウエスでキレイに拭き取って
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
ウエスで拭く
ウエス
③水だけをを数滴垂らして擦り続けます
乾いてもそこから更に20~30回程度強く擦り続けます。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
かんな裏押し
③を2~3回程度繰り返すと、刃裏が鏡面のように
ピカピカになってるはずです。
刃、仕上がり
以上で裏押しは終了です、
実行するとかなりのエネルギーを消耗したはずです。
お疲れ様でした。

常三郎 ウラ刃研器 鉋、小鉋、押金、鑿共用 手入道具
常三郎 ウラ刃研器 鉋、小鉋、押金、鑿共用 手入道具







【前の記事】..【次の記事】