溝付き 相欠き接ぎ

板を交差させる組み手の中で強度のある組み手を紹介します。
加工は大変ですが組み上げる時は楽に組めるので、強度が求められるマス目家具や什器などにお勧めします。
CG画像では18㎜の板厚でモデリングしてあります。
加工はハンドルーターで説明しますが、木工所などではルーターマシンで加工した方が楽かもしれません。

マス目家具の場合、同じ加工をする板が多数あります。
左右対称で両面加工ならもっと増えますね。
そういった場合には長さを合わせた板を2本用意してハンドルーターで溝加工する位置で定規となる板を固定します。
定規固定
そうすることで同じ位置に正確に加工をすることができます。ルーター加工

マキタ 電子ルータ 12mm RP2301FC
ルーター用の刃物は2本用意します。
1本目のビットは出来れば板の厚さと同じ径の刃物が有るといいのですが、無ければ定規とルーターの間にパッキンを挟んで2回走らせて調整します。
パッキン
2本目のビットは板の厚さより少し小さい径の刃物を用意します。
今回は12㎜にしました。
ルータービット
最初に縦板の加工から始めます。
横板の厚みが18㎜なので18㎜の溝を3.5㎜の深さで両面から入れます。

縦板側面1

断面を見ると残りが11㎜になります。
(組む相手側の溝は12㎜なので1㎜の余裕を見ています。)縦板断面1
次に18㎜溝の真ん中に板幅の半分の位置まで12㎜の貫通溝をつきます。縦板側面2

断面

縦板断面2

縦板完成画像になります。
左右
横板の加工はまず12㎜の溝を深さは3.5㎜で両面に入れます。
横板平面1

ここでも断面を見ると残りが11㎜になります。
(組む相手側の溝は12㎜なので1㎜の余裕を見ています。)
横断面1
板幅の半分の位置まで12㎜で貫通させます。
横板平面2
横断面2
前側の部分だけ18㎜で貫通させます。
横板平面3

断面
横断面3
横板完成画像です。

組んだ時の前側。
前面
後ろ側。
後ろ面
組み動画です。組み動画


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA