十字 相欠き接ぎ

交差させる組み手の中では簡単な手法です。
加工は前回と同じくルーターマシンハンドルーターで行います。(今回も板厚は18㎜です)
相欠き図
板厚と同じ径のビット、もしくは小さい径のビットを2回走らせて加工します。
ビット加工

マキタ 電子ルータ 12mm RP2301FC
横板
横画像
縦板
縦画像
組み動画
組み動画
加工が簡単で組むのが楽な反面、溝の切れていない部分が動いてしまうという短所があります。
幅の広い板を交差させる場合などにはお勧めできません。前面

ではまた。

十字 相欠き接ぎ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA