板の正面側(木端)が面加工されてる場合に
交差させる組み手の加工方法をご紹介したいと思います。
拡大
たとえば、丸面だったり
丸面
角面だったり
面拡大
板厚は20㎜で角面が3㎜の場合で説明したいと思います。
断面詳細
使う刃物は、トリマ用45°ビットとルーター用の
14㎜ストレートビット、14㎜が無ければ径の小さいビットで
2回走らせて調整します。
ビット

最初にハンドルーターで14㎜の溝加工をします
深さは3㎜で裏面も同様の通し溝をつきます。正面図2
ルーター加工
位置を合わせる板を2本用意すると裏面も正確に加工できます。
定規固定
横板は手前半分の位置まで貫通溝をつきます。
正面図

平面
横板14㎜溝
縦板は後ろ半分の位置まで貫通溝をつきます。
縦板14㎜溝
次にトリマで角を45°に落とすのですが、
位置を正確に合わせるために、定規となる型板を
作ります。
まず、トリマに45°ビットを付けて、深さを3㎜に合わせます。
※下画像はトリマ本体を消してあります。
45°トリーマー用ビット


そして要らない端材で試し溝をつきます。
下の画像、赤い矢印の部分を実測します、
ここでは、35㎜でした。
試し
下図の黄色い部分がトリマ加工の定規となる型板になります。
板厚が20㎜なので、実測した35㎜を両側に足すと90㎜になります。
型板位置詳細
型板の位置を合わせるためのガイドを作ります。
定規
はめこんでクランプで固定します。
型板合わせ
トリマを走らせますが、この時にトリマ本体の向きに
気をつけてください、試し溝をついた時と同じ向きで走らせないと
寸法が変わってしまいます。

トリーマー加工
四つ角を落とし終わった状態です。
断面図
側面図
横板
横板
縦板
縦板
組み上がり正面
正面
組み上がり背面
背面
組み動画
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
組み動画
きつくて入らない場合は型板の90㎜のところを
少しだけ広くしたりして微調整してください。