雇いざね 大留接ぎ

45度で切っただけの板同士を接着する場合、強度が確保出来ないため、接合部に溝を切り溝に合わせた板を差し込むことで強度を得ようとする方法です。
差し込む板の事をやといざね、と言います。
組む前
組み上がり
やといざねは、接合する板の厚みによっては2枚にしたり厚くしたりします。
やといざね2やといざね

昇降盤での加工となりますが、軸を45度に傾斜させるのが大変な場合は下画像のような治具(じぐ)を使うという方法もあります。
(昇降盤の作業は大変危険を伴います、行う場合は工場責任者の指示に従ってください。)
定規
加工
接着剤(木工用ボンドなど)を接着面全体に付け、とめ先をマスキングテープで引っ張るように貼り、
直角の板を当てて、クランプで2方向に挟み固めます。組み固め

1~2時間程度で固まるので、外して仕上げたら完了です。

ではまた。

 


【前の記事へ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA