家具職人入門

家具作りに興味がある、家具職人を目指したい そんなあなたに経験30年以上の現役家具職人が基本的ノウハウを CGを使ってわかりやすく説明します。

カテゴリ:その他の組み手

2枚の板をT型に組む場合、板厚と同じ溝を作って差し込む、という組み手になります。かなりの重量がかかる棚板や地板、構造や形状による要因で収まりを考えた場合、使える組み手の一つです。この組み手ははめ合いがきついと板が開いて反り返るという欠点があるので加工する際 ...

無垢材同士を組む場合や分解組み立てが必要な場合などに用いられる組み手で、緊結力が強く抜けにくいという特長があります。溝加工用にアリ用ビットを使います。板厚は20㎜溝の深さは10㎜に設定しました。位置を決めたらトリマを使って溝をついていきます。次にしまりこう配 ...

板を外側から釘やビスで止めるのが困難な場合や後から仕切りを入れたい、固定棚を追加したい、床や壁、天井に固定したい、そんな時などによく使われる方法です。板厚は20㎜で説明します。板の木口面に溝をつくわけですが、下図の赤い矢印の部分の残りが少ないと反り返ってく ...

↑このページのトップヘ