家具職人入門

家具作りに興味がある、家具職人を目指したい そんなあなたに経験30年以上の現役家具職人が基本的ノウハウを CGを使ってわかりやすく説明します。

カテゴリ:ほぞ

今回は丸い棒にほぞを入れる方法について説明したいと思います。直径50㎜の棒を使います。長さをカットしたら平らな面に置いて、両木口に50㎜角の合板をねじれがないように平行に打ち付けます。中にすっぽりと収まる箱を作ります。ほぞの位置に毛引きやスコヤで墨を出します ...

使う框は全て50㎜角で、D(奥行き)=600㎜ W(幅)=600㎜ H(高さ)1000㎜のワゴンのような形状を作る場合の加工例を説明したいと思います。4本の縦框を1000㎜ 8本の横框を600㎜でカットしたら、まず、縦框二面にほぞの位置をけ引きで出します。下部のほぞは100㎜離れている ...

面腰ほぞ接ぎはガラス戸や、丸面や角面加工された場合によく使われる組み手です。面加工された框でガラス戸を製作する場合、まず最初に下画像のように加工します。次にほぞ加工します、ほぞ加工のやり方は前記事の平ほぞで説明してありますのでそちらを参照してください。組 ...

ほぞ組みの種類はたくさんありますがここでは家具によく使われるほぞについて説明したいと思います。一番簡単な平ほぞは、かまちを枠組みする時に多く用いられますが、両胴付き、三方胴付き、四方胴付き、用途によって様々です。まずは、ほぞの基本を知るために下図のような ...

↑このページのトップヘ