家具職人入門

家具作りに興味がある、家具職人を目指したい そんなあなたに経験30年以上の現役家具職人が基本的ノウハウを CGを使ってわかりやすく説明します。

カテゴリ:組手

ほぞ組みの種類はたくさんありますがここでは家具によく使われるほぞについて説明したいと思います。一番簡単な平ほぞは、かまちを枠組みする時に多く用いられますが、両胴付き、三方胴付き、四方胴付き、用途によって様々です。まずは、ほぞの基本を知るために下図のような ...

2枚の板をT型に組む場合、板厚と同じ溝を作って差し込む、という組み手になります。かなりの重量がかかる棚板や地板、構造や形状による要因で収まりを考えた場合、使える組み手の一つです。この組み手ははめ合いがきついと板が開いて反り返るという欠点があるので加工する際 ...

無垢材同士を組む場合や分解組み立てが必要な場合などに用いられる組み手で、緊結力が強く抜けにくいという特長があります。溝加工用にアリ用ビットを使います。板厚は20㎜溝の深さは10㎜に設定しました。位置を決めたらトリマを使って溝をついていきます。次にしまりこう配 ...

板を外側から釘やビスで止めるのが困難な場合や後から仕切りを入れたい、固定棚を追加したい、床や壁、天井に固定したい、そんな時などによく使われる方法です。板厚は20㎜で説明します。板の木口面に溝をつくわけですが、下図の赤い矢印の部分の残りが少ないと反り返ってく ...

45度で切った板同士を接着する場合強度が確保出来ないため、接合部に溝を切り溝に合わせた板を差し込むことで強度を得ようとする方法です。差し込む板の事を、やといざね、と言います。やといざねは、接合する板の厚みによっては2枚にしたり厚くしたりします。昇降盤での加工 ...

側面が仕上がっていて釘やビスも打てない、しかも数がある、そういう場合の選択肢としてこの組み手も覚えておきましょう。加工は大変で精度も求められますが楽で早く組めるというメリットがあります。横切盤で長さを決めて、昇降盤やルーターマシンでの加工となります。※図 ...

板の正面側(木端)が面加工されてる場合に交差させる組み手の加工方法をご紹介したいと思います。たとえば、丸面だったり角面だったり板厚は20㎜で角面が3㎜の場合で説明したいと思います。使う刃物は、トリマ用45°ビットとルーター用の14㎜ストレートビット、14㎜が無けれ ...

交差させる組み手の中では簡単な手法です。加工は前回と同じくハンドルーターかルーターマシンで行います。(今回も板厚は18㎜です)板厚と同じ径のビット、もしくは小さい径のビットを2回走らせて加工します。横板縦板組み動画※スマートフォンの方は画像をタップすると動画 ...

板を交差させる組み手の中で、強度のある組み手をご紹介します。加工は大変ですが組み上げる時は楽に組めるので、強度が求められるマス目家具や什器などにお勧めします。CG画像では18㎜の板厚でモデリングしてあります。加工はハンドルーターで説明しますが、木工所などでは ...

家具を製作する場合のコーナーの組み手について紹介したいと思います。仕様、数、大きさ、強度、手間、によって数多くある組み手の中から適切なやり方を選ばなければなりません、その中でも簡単な方法をピックアップしてみました。【いも組み(打ち付け継ぎ)】外面がまった ...

↑このページのトップヘ