カントリー風 ローテーブル

記事【簡単な椅子】を参考に椅子とセットとなるローテーブルを作ってみます。
大きさは、W1200㎜×D640㎜×H400㎜で、使う材料は椅子と同じくホームセンターなどで簡単に手に入るホワイトウッドを使います。
ローテーブル図面脚となる框は45㎜角で、長さを379㎜にカットし、ほぞ穴加工と角の面取り作業を行います。
ほぞ穴の大きさや深さは記事【簡単な椅子】とまったく同じなのでそちらを参考にしてください。
ローテーブル脚SK11 角のみアダプター&ドリルスタンドII ドリル首径38,42,43,45mm専用 SKDS-45S
上部の横框は45㎜角で、胴付きの長さが、W(間口)1070㎜、D(奥行)510㎜でほぞ加工します。
ほぞ先は全てトメでカットし、框の角は面を取っておきます。
上部横框下部の横框は38㎜角で、胴付きの長さは上部の横框と同じく、W=1070㎜、D=510㎜でほぞ加工します。
これもほぞ先は全てトメでカットし、框の角は面を取ります。
下部横框ほぞ加工が終わったら木工用接着剤をつけて組み立てます。
組み上がったら忘れずにスコヤなどで直角を確認しましょう。
テーブル組み立て椅子の時と同じく上部四つ角に隅木で補強します。
隅木補強この状態で天板と下部棚板を乗せると間口が長いので、たわんでしまします。
間に二本の補強材を入れるためのビス穴を開けておきます。
後で木栓を埋めるので3等分くらいの位置に10㎜径の穴を深さ約10㎜で開けます。
補強木栓穴 補強木栓穴2510㎜にカットした框材を固定します。
框固定 全て組み終えました。框固定終了木栓用錐で作った木栓を木工用接着剤をつけて埋めて、サンドペーパーなどで平らに仕上げておきます。
補強木栓埋め込みSTAR-M 家具・建具用 No.58S 普通鋼皿取錐&埋木錐セット 皿取錐(A×B)×埋木錐D (4×10.5×10.5mm) 58S-S4105 スターエム 三冨D 側面木栓仕上げ次に棚となる部分の板を用意します。
厚みは21㎜、幅は80㎜の板を長さ1160㎜にカットし、角は全て面取りしておきます。
棚板材外側の板は脚の部分を欠き込みます。
板材欠き込み天板は厚み21㎜、幅80㎜の板を1200㎜にカットし全て面を取ります。
天板材ここで組んでしまうと塗装が大変なので、この状態で塗ってしまいます。
椅子と同じくワトコオイルを使います。オイルステインでも構いません。
板ワトコオイル塗装ワトコオイル ダークウォルナット W-13 1L テーブルワトコオイル塗装止める位置に木栓用の穴を開けておきます。
天棚木栓用穴位置を決めてビスで固定します。
天棚固定木工用接着剤をつけて木栓を埋め、サンドペーパーで平らに仕上げます。
天棚木栓埋め塗装をして
木栓部塗装完成です。
ローテーブル完成
庭などに置いてくつろぎスペースなどにどうですか?
椅子とテーブル
ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA