今回は、工場や現場、アウトドア、キャンプなどでも使える作業馬を考えましたので、これの作り方を公開したいと思います。
折りたたみ式で開閉も簡単、テーブルも折りたためるので、使わない時は狭いスペースに収納できます。

使う木材は全てホームセンターで手に入れました。金具類もホームセンターや100円ショップで手に入ります。
これを実際に作りましたので、製作工程を写真で説明したいと思います。
下図が図面です。使うのは24㎜×40㎜のホワイトウッド
2台製作するので、縦材を少し長めの840㎜で8本 横材も8本、ほぞを含めて520㎜でカットします。
(自宅で作業しているので、手加工が多いです;)
上の組手、ほぞの位置を毛引きで出します。60㎜と35㎜の位置に2か所
上から525㎜とプラス39㎜の位置に墨を出します。
39㎜としたのは、ほぞを1㎜きつくするためです。
ほぞの穴掘りは、自宅での作業な為、本格的な木工機械はありませんので、簡易的な角のみドリルスタンドで行います。
まずはドリルで下穴を開けます。
その上から角のみで掘っていきます。(この角のみスタンドはドリルのみの穴あけも出来ます。)


穴掘りが完了しました。
横材に胴付きの墨出しをします。
まず基本となる2本に墨を出し、残りを間に挟んで8本全てに墨出しします。
ほぞの長さは25㎜なので、胴付きワイド寸法は470㎜になります。
ほぞの厚みを出します。毛引きで両面からかけて、ほぞ穴に合うようにします。
レザーソーで胴付きの切り込みを入れ、不要な部分をノミで荒落としします。
トリマーテーブル(トリマーを逆さにして固定した台)でほぞを削ります。
ほぞ穴に軽く入る感じに合わせます。
上部の横材は上にも胴付きが必要なので、毛引きをかけます。
ほぞ穴は25㎜なので1㎜きつくして26㎜のほぞにします。
レザーソーで胴付きを入れ、毛引きに合わせてノミで取り除きます。
穴とほぞ双方に接着剤をつけて、組み立てますが、ほぞを1㎜きつくしてあるので、結構固いです。
パイプクランプなどを駆使して隙間が出ないように確実に組み立てます。
組み終えたらすぐにパイプクランプを外して、捻じれと直角を確認します。(対角の寸法が同じなら直角です)
CADで原寸を書きます。(私が使っているのはフリーソフトのAR CAD)
縮尺を1/1に設定して、印刷したい部分を用紙に合わせてプリントすると、原寸になります。
図面には角度を入れてありますが、こういうやり方は様々なシーンで応用が可能なので
覚えておくのも良いかと思います。
自由スコヤを使って角度を合わせ、丸ノコ定規の角度に合わせます。
枠に定規をセッティングしたら、そのままカットします。
トリマーにテンプレットガイドを装着し、これで丁番の掘り込みをします。
刃とテンプレットガイドの径の差分を大きくした定規を作り、丁番の厚みに合わせて座繰ります。
角をノミで取り除いたら丁番を合わせてみます。
次に、開閉用の部材を切ります。24×40×114㎜で8本
トリマーテーブルで丁番の欠き込みを入れます。
連動用のアーム金具(3×15㎜アルミ)が入り込む溝も入れておきます。(加工は4本だけ)
位置は適当で良いですが、できるだけ丁番に近い方が良いので画像みたいな感じで。
ここで塗装します。使うのはワトコオイル ミディアム ウォルナット
塗ったらウエスでふき取ります。

では合体させていきます。
まずは上の丁番から。(この丁番はキャンドゥで買いました)
掘り込んであるので、はめて止めるだけですが下穴を開けてから止めたいので、
この場合はセンター錐がとても便利です。

開閉部材にも丁番を止めていきます。(この平丁番はダイソーで買いました。)
接合部と両外側
位置を合わせて枠の下部に止めていきますが、
閉じた時に隙間が出ないように止める位置は予め毛引きをかけておきます。
横の離れは縦材から5㎜逃げました。
これで開閉するようになります。
万能接着剤(自分は勝手にそう呼んでいます)をつけて笠木を固定します。
連動バーの長さを460㎜にカットしたらビス穴とハトメの穴を開けて、ハトメをはめ込みます。
閉じた時に溝に納まるように予めしておいた墨に合わせて、ビスで固定
チョウネジに穴を開けます。
アルミ材(3×15㎜)を200㎜に切りジボルトが入る穴を開けてチョウネジで締めます。
このボルトの頭の部分が、埋め込み用のマグネットキャッチにくっつく、という仕掛けです。
マグネットキャッチを上面に埋め込みます。

アルミ材に穴を2か所追加し、一つ目のビスを止めていきます。
これは開閉用のレバーとなる為、完全に締めないで、遊びを持たせます。
4㎜径15㎜のアルミニウム管をビスに通して、二つ目の穴に止めていきます。
これでレバーが上下に動くようになります。
釣り用の重りをテグスで結び、ハトメの穴に通し、上のチョウネジの穴に連結します。
レバーを握ると、連動バーが持ち上がり、馬が閉じるようになります。
床レベルの良い場所に置いて、高さが800㎜になるように墨を出し、カットします。
高さ調整ができるように、アジャスターを作ります。
使うのは、木造吊足3/8 これに5.5㎜のMDFを両面テープで貼り付け、
ビス穴を開けて塗装しておきます。
ボンネットゴム(K-30S)に六角小ねじ(3/8×38㎜)をはめ込みます。

アジャスターが完成しました。これを脚の内側に取り付けます。
全ての組手に補強用の金物を付けます、これはダイソーで買いました。
板材が乗る部分に生ゴムを貼ります。両面テープ付きの測り売りでホームセンターで買いました。
貼る部分にマスキングで養生し、ゴムのりを塗って貼り付けます。
天板となる板材(19×88㎜)は硬質ニスを塗りました。
長さは1300㎜で10枚
厚紙の型を使って木口にビスを止める為の位置を出し、下穴を開けます。
金具を止めます。これもダイソーで買いました。
完全に締めないで少し遊びを持たせます。
両木口全てに止めたら、下画像のように折りたたむことが出来ます。
これで完成です。折りたむとかなりシンプルになりますね。
セッティングすると下にも棚があるので使い勝手も良さそうです。
高さ調整ができるので、置き場所に迷う事もありません。
なんせ全て木製なので安らぎとぬくもりがありますね~(自画自賛)

興味のある方は、製作動画↓も作りましたので、参考にしてみてくださいね。
折りたたみアウトドアテーブル!ソーホース の作り方

それでは、また。