今回は、工場や現場、アウトドア、キャンプなどでも使える作業馬を考えましたので、これの作り方を公開したいと思います。
折りたたみ式で開閉も簡単、テーブルも折りたためるので、使わない時は狭いスペースに収納できます。

使う木材は全てホームセンターで手に入れました。金具類もホームセンターや100円ショップで手に入ります。
これを実際に作りましたので、製作工程を写真で説明したいと思います。
下図が図面です。使うのは24㎜×40㎜のホワイトウッド
2台製作するので、縦材を少し長めの840㎜で8本 横材も8本、ほぞを含めて520㎜でカットします。
(自宅で作業しているので、手加工が多いです;)
上の組手、ほぞの位置を毛引きで出します。60㎜と35㎜の位置に2か所
上から525㎜とプラス39㎜の位置に墨を出します。
39㎜としたのは、ほぞを1㎜きつくするためです。
ほぞの穴掘りは、自宅での作業な為、本格的な木工機械はありませんので、簡易的な角のみドリルスタンドで行います。
まずはドリルで下穴を開けます。
その上から角のみで掘っていきます。(この角のみスタンドはドリルのみの穴あけも出来ます。)


穴掘りが完了しました。
横材に胴付きの墨出しをします。
まず基本となる2本に墨を出し、残りを間に挟んで8本全てに墨出しします。
ほぞの長さは25㎜なので、胴付きワイド寸法は470㎜になります。
ほぞの厚みを出します。毛引きで両面からかけて、ほぞ穴に合うようにします。
レザーソーで胴付きの切り込みを入れ、不要な部分をノミで荒落としします。
トリマーテーブル(トリマーを逆さにして固定した台)でほぞを削ります。
ほぞ穴に軽く入る感じに合わせます。