世の中は今、新型コロナウイルスで大変な事になってますね。
私が住む北海道でも感染者が増えてきています。
この先どうなってしまうんでしょうね、とても不安ですね。
幸い、今のところ私の職場や家族、知人に感染者はいませんが、皆さんのところはどうでしょう。
何か対策しようとしても、マスクは手に入らない(私はこうなる前に買い置きしていたマスクがかろうじて残っています。)
抗菌、消毒グッズもほぼ手に入らない状況が続いてますね。
そんな中、新聞の広告で気になる記事がありました。
次亜塩素酸水はアルコールよりも除菌効果が高くウイルスにも効果があるという記事でした。
しかも人体や環境に対する安全性が極めて高いとあります。
色々と調べました、それによると、次亜塩素酸水の中では微酸性次亜塩素酸水がもっとも除菌力が強く、二番目が弱酸性次亜塩素酸水だそうです。
ネット通販で調べた結果、スプレーボトルに入った次亜塩素酸溶液が売っていたようですが、私が調べた時点では、全て売り切れ状態でした……..
それで色々と探してるうちに、こんなものを見つけました。


どうやら水溶液では使用期限があるらしいです、生成された水溶液は紫外線に晒されると効果が薄れて水に戻っていくそうです。
ですが、このパウダー状の素だと袋に入っている状態で3年はもつとのこと、使う分だけ水に溶かせば良いので経済的です。(一袋で500ミリリットル作れます。×8袋入り)
私はヨドバシ通販でこれを購入しましたが、その時の価格は1090円でした。残念ながらヨドバシでは今現在販売終了となっています。プレミアがついたのでしょうか、Amazonでは売ってますが高くなってますね。
購入したものは弱酸性次亜塩素酸水でしたが、今それをスプレーボトルに入れて使っています。

それで、この次亜塩素酸水の安全性について調べてみました。
すると驚くことに成分は水と微量の塩なんです。それなら自作できるのでは、と思い調べました。
ありました、、、、、


これは今注文中で今週中には届くと思います。多分中国製だと思います。
それで、この生成器で作った溶液の濃度が気になるところなので、こういう物も買いました。
ちなみに微酸性次亜塩素酸水のph濃度は5.0~6.5だそうです。実際に作ってみて数値を量ってみたいと思います。

備えあれば愁い無しといいます。皆さんは何か対策をしていますか?
新型コロナウイルスに負けずにこの苦境を乗り切りましょう!

5月10日追記

次亜塩素酸水生成器が無事届き、実際に作ってみました。
それで、その生成水のPHを調べてみたところ、、、アルカリ性でした。。
次亜塩素酸水は弱酸性ということなので、この生成器で作られている生成水は、次亜塩素酸ナトリウムだということが分かりました。次亜塩素酸ナトリウムというのは、漂白剤と同じということらしいです。人体に直接吹き付けたりすると害があるそうです。しかも除菌効果はあまり期待できないようです。
次亜塩素酸水生成器と書いてあったのですがねぇ~。やってくれました、中国製
後日見たら、販売説明文に次亜塩素酸ナトリウム生成器と追加で書かれていました。
皆さん、気を付けましょうね。

それで今は、最初に買った除菌水の素を使っております。
先日行ったドラックストアとホームセンターの出入り口にも、この次亜塩素酸水の入ったスプレーボトルが置いてありました。
アルコール消毒液がかなり不足しているようです。
5月10日現在、全国の感染者はかなり減ってきてますね。このまま終息に向かえばいいのですが。。