家具職人入門

木工家具や什器の作り方、鉋や鑿の仕込み方など、基本的ノウハウを CGを使って紹介します。

「鉋仕込み」の記事一覧

かんなの裏金を調節する

今回は鉋裏金調整方法について説明します。 穂(鉋の刃)と裏金の刃裏は完全に密着していることが必要です。 穂の刃先を刃口まで叩き入れた状態で裏金を鉋台に手で押し込んでみてください。 刃先から7㎜くらい手前で止まるように調整 […]

穂(刃)をかんな台に仕込む

鉋台と刃の調整に入ります。 仕込みがされていない新品の鉋は叩き入れても刃が出ない状態にあります。 穂(刃)の状態に合わせて表なじみを削り均等に刃が出るように調整しなければなりません。 まず穂の表面、表なじみに接する部分を […]

かんなの裏金を研ぐ

鉋で木材を削る時、二枚刃鉋は裏金によって切削角を大きくして、さか目を防止しようとしたものです。 穂と裏金が完全に密着していなければ削りくずが詰まって削れなくなります。 とても重要な部分なのでしっかり研いでいきましょう。 […]

かんなを研ぐ

裏押しが終わったら次は刃を研いでいきます。 鉋の切刃角は用途や材質によって異なりますが、今回は一般的で用途が多い中硬材(約25°)を目安に研ぎたいと思います。   切刃(しのぎ)の部分は裏打ちで叩いた痕があった […]

かんなの裏押し

前回の【裏打ち】に続いて鉋刃の裏押しをしていきます。 裏面もしっかり研がないと調子の良い鉋は出来ないので手抜きは禁物です。 使うのは金盤と金剛砂。 金盤と金剛砂の詳細についてはカテゴリーの【金盤と金剛砂】を参照してくださ […]

かんなの裏打ち(裏出し)

鉋を使い込むうちに裏刃の残りが少なくなってきます。 そこでのみと同じように裏押ししていくと刃の肉厚が薄くなって鉋台から刃が出過ぎてしまいます。 そうならないための方法として裏刃の少ない部分だけを裏側に叩き出して(裏打ち) […]