家具職人入門

特注家具(オーダー家具、注文家具)製作や什器作りの基本ノウハウ、鉋と鑿の仕込み方をCGで分かりやすく解説します。初心者から上級者まで、木工の技術と知識を深めるための情報満載。あなたの木工ライフを豊かにするためのヒントとアドバイスを提供します。

「組 手」の記事一覧

テーブル脚の製作写真

勾配のあるテーブル脚にほぞ加工する方法

テーブルを製作する際、脚部分が下方向へ進むにつれて細くなっていくデザインがあります。 テーブルの脚と横框を接合する際には、ほぞ加工が一般的に用いられます。 勾配がつけられた面にほぞ加工を施す場合、胴付き部分を斜めに加工す […]
蟻組み継ぎで組んだ無垢板の写真

蟻加工の、寸法の出し方

【蟻組接ぎ】の記事で、蟻加工する時の寸法の出し方について、コメントから質問がありましたので説明します。 詳しいルール的なものは私も知りませんが、記事で紹介した方法でやってみます。 記事では、下図のように端から16㎜28㎜ […]
蟻組み接ぎの加工終了写真

蟻組継ぎの加工方法

「蟻組接ぎ」は、無垢板同士を直角に接合する際に、強度が要求される場合に用いられる組手の一つです。【留形隠し蟻組み接ぎ】に関する記事では、全て手加工で説明されています。今回も同様に、手加工でのやり方について説明します。ボー […]
ほぞの加工を、終了した写真

ほぞ加工を手作業でする方法(その3)

今回は、ほぞの加工を手作業で行う方法について説明します。加工機械を使えば簡単にできますが、物作りの中には、手工具で加工する方が速く済む場合も多くあります。そのような時に備えて、手工具の使い方に慣れておく必要があります。 […]
ほぞ穴の加工を完了した写真

ほぞ加工を手作業でする方法(その2)

今回は、ほぞ穴を鑿(ノミ)で掘る方法を説明します。鑿(ノミ)の使い方を身につけるには、使うことに慣れることが大切です。 経験を積んで習得していきましょう。最初に、スコヤと白引きを使って、ほぞ穴の位置を決めます。白引き
框を直角に切っている写真

ほぞ加工を手作業でする方法(その1)

手作業で木材をほぞ組みする場合、正確に墨出ししなければなりません。 ほぞ加工に入る前に、框材の長さを手鋸で直角に切る方法を説明します。 使う框材を用意したら、まず下画像のように、二面に勝手墨を入れます。 油性や水性マーカ […]
枠組み加工で組んだ枠の写真

枠の作り方

枠状の物を作る機会があります。窓枠や仕切り枠、入口枠などです。工場で組み立てて現場に運べるサイズなら良いのですが、大きいサイズの物だとそうもいきません。現地で組み立てなければならない大きいサイズの物の加工方法について見て […]
隠し蟻留め組み継ぎの加工をした写真

留形隠し蟻組み継ぎの加工方法

【留形隠し蟻組み接ぎ】は、木と木を強く結ぶ伝統的な技法です。釘やビスを使わないで、木目や形を美しく見せることができます。今回は、厚み30㎜、幅300㎜、長さ400㎜のラワン無垢板を使って、この技法を紹介します。最初に組手 […]
トメに切った2枚の合板の写真

合板や木材を、ボルトを使って直角に組む方法

トメ(45度)でカットされた木材や合板を直角に組むとき、手間をかけずに強度を出したいなら、ボルトを曲げてジョイントする方法がおすすめです。製作例では、二分ボルト(6㎜)長さ150㎜を使って説明します。まず、ボルトの真ん中 […]
丸棒にほぞを入れて組んだ写真

丸棒にほぞを入れる方法

丸い棒にほぞ加工をする場合、できれば四角いうちにほぞ穴加工をしてから、木地屋さん(木工旋盤で木材を丸くする所)で丸くするという方法を取りたいところですが、そうもいかない場合もあります。今回は、丸い木材の棒にほぞ加工をする […]

PAGE TOP
error: Content is protected !!