手加工で木材をほぞ組みする場合、正確に墨出ししなければなりません。
ほぞ加工に入る前に、框材の長さを手鋸で直角に切る方法について説明します。
使う框材を用意したら、まず下画像のように、二面に勝手墨を書きます。
油性や水性マーカーは染み込むので避けてください。後で消しゴムでも消せるので、鉛筆が良いでしょう。
框に勝手墨を付ける
この勝手墨を基準にして、切りたい位置に墨出しをします。
ただし、闇雲にやると最後の面の墨がずれてしまうので注意が必要です。
スコヤを使って墨出しする際は、下画像のようにスコヤの当て方に注意しましょう。
左が悪い例で、右が良い例です。


スコヤの当て方ケース1

スコヤの当て方ケース2スコヤの当て方ケース3スコヤの当て方ケース4
切る際は、まず目線の真正面に鋸が見える体制にします。
そして、親指を最初に切り込みを入れる時のガイドとして使います。
手鋸を正面に見る角に切り込みを入れたら、墨を見ながら手前に浅く切り込みを入れます。
切り込み手順1切り込み手順1動画
框材を転がして次の面に切り込みを入れます。
まず、最初に入れた切り込みに鋸を差し込み、墨を見ながら斜めに切り込みを入れます。
切り込み手順2切り込み手順2動画次の面は最初に入れた浅い切り込みと同じく浅く入れます。
切り込み手順1と同じ再度、転がして浅い切り込みに鋸を差し込み墨通りに斜めに切り込むと切断できます。
切り込み手順3切り込み手順3動画
次の記事では、ノミでほぞ穴を掘る方法について説明します。
ではまた。