木材無垢板同士を組む時に釘やビスは使いたくない。更に強度が欲しい。そんな場合の木工組手に【留形隠し蟻組み接ぎ】という組手があります。
今回はまったく機械は使わずに手加工での手順で説明します。
使うのは厚み30㎜幅300㎜長さ400㎜のラワン無垢板。

留形隠し蟻組み接ぎ板材

最初に組手となる部分に板厚と同じ30㎜で毛引きをかけておきます。

板厚毛引き

大五郎 筋毛引
毛引きをかけた面を外側に向けて抱き合わせでクランプではさみます。

板クランプ
基本となる墨出し位置が下図のようになります。

留形隠し蟻組み接ぎ墨出し図

寸法をあわせて三面に毛引きをかけていきます。

留形隠し蟻組み接ぎ毛引き

下画像のように30㎜のところからはみ出さないようにします。

毛引き拡大

順にあわせて全ての毛引きがかけ終わりました。

毛引き全箇所

アリの角度は76度にしたいと思います。
角度定規を合わせたら要らない板に墨を出します。

角度出し

シンワ測定 プロトラクター 2本竿 No.19 シルバー 62490

自由スコヤで角度を合わせます。

自由スコヤ

シンワ測定 自由スコヤ 250mm 62596
白引きで線をひいていきます、まずは木口から。
図面をよく見ながら方向を間違えないように注意しながら作業します。

白引き毛引きの位置に合わせて線を出していきます。
木口面が終わりました。

木口面
美貴久 一丁白柿小刀 黒打 24-15B 15mm

対面の表面側はアリを少しだけ大きくしたいので、下図のように0.2㎜くらい外側に白引きで線をひきます。

アリ拡大図
アリ表面

アリの先端をスコヤで木口に線をひきます。

白引き終了

トメとなる部分の5㎜の位置に毛引きをかけます。

毛引き5㎜

反対側にも同じように毛引きをかけます。

毛引き5㎜2

以上で墨出しは完了です。

留形隠し蟻組み接ぎ墨出し終了

次に切り取ってしまう部分に鋸目を入れます。

のこ目

墨通りには切れないと思うのでほんの少しだけずらした位置で切れ目を入れます。

のこ目2

墨から少し離した位置に直角にノミを叩き入れます。

のみ加工

下画像のように斜めにノミを入れて切り取っていきます。

のみ加工2

何度か繰り返し穴を広げていきます。

のみ加工3

同じ要領で位置をずらして掘り込みます。

のみ加工4

5㎜残したところまで落とします。

のみ加工5

細いノミを使ってアリの角度のついた部分を切り取ります。

細いのみ

毛引きと白引きの墨通りにさらっていきます。

底側面さらい

胴付部分も墨通り直角にノミで落とします。

胴付部

同じ要領で全ての彫り込みを行います。

アリ加工終了

次に木端のトメ部に胴付鋸で切り込みを入れます。
45度定規は治具として製作しておきましょう。

 

 

玉鳥 レザーソー導突鋸 普通巾 370


対面側も下画像のように切り込みを入れて不要な部分を取り除きます。

木端トメ加工4

あぜびき鋸を使って外から5㎜の位置に切り込みを入れます。

あぜびき鋸

大五郎 畔引鋸


ノミで不要な部分を取り除きます。

かき込み かき込み2

先端部のトメを削る鉋を用意します。
市販ではなかなか手に入らないので溝鉋の両サイドに45度にカットした樫材を接着して攻め鉋を作ります。

溝鉋大五郎 敷居作里鉋
攻鉋

本樫 角型拍子木 16165


削りすぎないように注意しながら先端トメ部を削り込んでいきます。

トメ先

両側が削り終わりました。

トメ先2

では仮組みしてみます。
叩いて入るようならそのまま組んでみましょう。
きついようならノミでアリ部を削り取り微調整しながら組手を整えます。

留形隠し蟻組み接ぎ仮組み

叩き込んでトメ部に隙間が無いか確認します。

留形隠し蟻組み接ぎ仮組み2

問題なければ、いったんばらして接着剤をつけて組み立てたら完成です。

留形隠し蟻組み接ぎ完成

蟻加工の選択肢が広がる↓