家具職人入門

木工家具や什器の作り方、鉋や鑿の仕込み方など、基本的ノウハウを CGを使って紹介します。

「・組 手」の記事一覧

丸棒に ほぞを入れる

丸い棒にほぞ加工をする場合、できれば四角いうちにほぞ穴加工をしてから木地屋さん(木工旋盤で木材を丸くする所)で丸くするという方法を取りたいところですが、そうもいかない場合もあります。 今回はそういった場合に丸い木材の棒に […]

二方向 にほぞを立てる

ワゴンのような形状の家具を木材框組みで作る場合、ほぞを二方向に立てなければなりません。 今回はそういった場合の加工方法について説明します。 使う框は全て50㎜角で、D(奥行き)=600㎜ W(幅)=600㎜ H(高さ)1 […]

面腰ほぞ 接ぎ

面腰ほぞ接ぎはガラス戸または羽目板、木材の角が丸面や角面など面取り加工された框をほぞで組む場合などによく使われます。 面加工された框でガラスの入った開き戸を製作する場合の作り方で説明します。 横框と縦框を昇降盤や横切り盤 […]

平ほぞ

ほぞ組みの種類はたくさんありますがここでは家具によく使われる平ほぞについて説明したいと思います。 一番簡単な平ほぞは、かまちを枠組みする時に多く用いられますが、両胴付き、三方胴付き、四方胴付き、用途によって様々です。 ま […]

大入れ 接ぎ

二枚の合板や木材をT型に組む場合、板厚と同じ溝を作って差し込む、という組み手になります。 かなりの重量がかかる家具の棚板や地板、構造や形状による要因で収まりを考えた場合使える組み手の一つです。 この組み手ははめ合いがきつ […]

あり形 大入れ接ぎ

あり形大入れ接ぎは、無垢材や合板などを直角に組む場合や分解組み立てが必要な家具などに用いられる組み手で、緊結力が強く抜けにくいという特長があります。 溝加工用にトリマ用アリビットを使います。 板厚は20㎜溝の深さは10㎜ […]

イ ン ロ ー

木合板や木材を外側から釘やビスで止めるのが困難な場合や後から固定棚を追加したい、仕切りを入れたい、床や壁、天井に固定したい。 そんな時などによく使われる方法です。 板厚は20㎜で説明します。 板の木口面に溝を入れますが、 […]

雇いざね 大留接ぎ

45度で切っただけの合板や木材同士を接着する場合、強度が確保出来ないため、接合部に溝を切り溝に合わせた板を差し込むことで強度を得ようとする方法です。 差し込む板の事をやといざね、と言います。 やといざねは、接合する板の厚 […]