特注家具では様々な物を手掛けなければなりません。
建具や、大きなパネル類、スイングドアなどの製作加工も受ける場合もあります。
そんな時にちょっと便利な治具を考えたので、ここで紹介しますね。

まず材料を用意します。ここではナラの集成材を使用しますが、硬くて狂いの少ない材料なら何でも構いません。
実際に私が製作した物のサイズが下画像になります。
最初に大きい板のセンターに幅15㎜深さ7㎜の溝をつけます。
次に小さい板の下部となる面に下画像のような欠き込みを入れます。
特殊ナットを用意します、サイズはM6でAmazonで20個入り660円で手に入ります。


そのナットに合わせた溝を大きい板の裏面につけます。
6㎜のボルトを使うので、7㎜くらいの貫通溝を下画像のように入れます。
小さい板の片方だけに下画像のような切り込みを入れます。
切り込みの真ん中に8㎜の貫通穴を開けます。
これで加工は終わりました。
切り込みの入っていない小さいほうの板を下画像のようにはめ込みます。
割れないように系の小さい鉄鋼錐などで下穴を開けてからビスで固定します。
要らなくなったスケールのきれいな部分だけを70㎜ほどハサミで切り取ります。
溝幅が15㎜なので15㎜幅のスケールを用意しましょう。裏面に両面テープを貼って下画像のように溝の底に貼り付けます。 特殊ナットにボルトをねじ込んだら、ダブルナットにして抜けないようにします。
裏面からボルトを差し込みます。
切り込みを入れた立て板を差し込みます。
ボルト上部にワッシャーとナットを付けます。
軽く緩めた状態だと左右にスライドするので、スケールの目盛りに位置を合わせます。
合わせたら上のナットを締めるだけで固定されます。
物立て台治具の完成です。
私の場合はこの治具を4つ作り使っていますが、かなり重宝していますよ。
色々な厚みに調整できるのでとても便利です。興味のある方はぜひ作ってみてくださいね。
ではまた。