箱物を作る際に多く使われる金物で、可動棚用の打ち込みダボという物がありますね。
これの位置出しは結構面倒で、直接シャーペンや鉛筆で墨を出して穴を開けるとか、
薄いベニヤ板に墨を出して千枚通しで印をつけて穴を開ける。そういうやり方をしている人が多いと思います。

今回は、この棚ダボの簡単な位置出しを可能にする治具の作り方について紹介したいと思います。
まずは10㎜のアクリル板を用意します。アクリルが無ければ硬い無垢材でも構いません。
サイズは70×600㎜(画像では670㎜となっていますが間違いですm(__)m)
少しでも軽くするために端を斜めにカットします。
長さのセンター位置に下画像のような切り込みを入れます。
ベルトサンダーなどを駆使して斜めに削ります。
そして削り込んだ面に、カッターナイフなどでセンターの印をつけます。
これは長さのど真ん中になるように注意すべきところです。
MDFの2.5㎜に両面メラミン化粧板を貼り、300×670㎜にカットします。(直角必須)
それを下画像のように切り抜きます。
70㎜のところに20㎜径の穴を開けます。
40㎜離した位置に、スケールを貼るための溝を入れます。(使うスケールにもよりますが、この場合、15㎜幅で深さ2㎜)
切ったスケールを両面テープで貼り付けます。
70㎜の位置に開けた穴が0㎜になるように合わせます。
スケール先端の金具を切り取るため、15~20㎜くらいは無くなるので、別のスケールを併用して位置を合わせます。
30㎜と35㎜のところに正確な線を書きます。
目盛りに合わせて5㎜刻みで正確な線を書きます。
そこに1㎜径の錐で穴を開けていきます。
私はこれを電気ドリルでやりましたが、ボール盤でも良いです。
とにかく位置は正確に開ける必要があります。かなり神経をつかうので終えた頃はぐったりしました。(笑)
35㎜線上の穴に、テーパーになった錐で穴を広げて千枚通しが入るようにします。


30㎜線上はもう少し大きく開けて、ボールペンが入るようにします。

全ての穴を開けたら、アクリルと接着剤で合体させます。
外側の面は平らに合わせないと直角が狂うので要注意です。
それとアクリルのど真ん中に配置しないと目印の位置がずれてしまうので左右位置にも要注意です。
なんでもくっつく接着剤、これ良いですよ。↓

固まったら、ネジで締めるための穴を開けます。M6のネジなので6㎜径の穴を4か所
強度を考慮して、頭が大きいサイズのネジを使います。

ナットを締めたら完成です。
では、これの使い方を説明します。
棚ダボを入れたい側板を重ねて、後ろの木端に位置出しをします。
中仕切りがたくさんある場合でも重ねて出せば効率が良いですよ。
墨付けはこれで終わりです。
定規を側板の上に載せて、木端に出した墨位置とアクリルを斜めに削った所に付けたセンターの印の位置とを合わせます。
ダボを入れたい前後位置に千枚通しを刺して印をつけます。
後は錐で穴を開けて金ダボを打ち込むだけです。


どうですか?
作業がかなり簡単になると思います。
それと、この定規は他にも使い道があります。
例えば、下画像のように組みたいものがあったとします。
中に立っている板を上からビスで止めたい場合、両サイドに墨を出して長い定規で線を書いてビスを止める。
なんて、面倒クサイですよね?
しかも、それがカウンターの腰面だと向こうが見えないし定規は動くわで、面倒クサさ倍増だと思います。
そこで、作った定規を使います。
ボールペンが入るように開けた穴の、目的の寸法の位置にボールペンを入れて、定規本体をそのままスライドさせると平行線が書けます。
そこにビスで止めるだけ。はい終わり。
私はこれを20代の頃に考え、今使っている物が2代目になりますが、かなり重宝しています。
ちょっとした工夫ですが、仕事が暇な時とかに作ってみてくださいね。

それではまた。