前回に引き続き合板に面材を付ける方法を説明します。

今回は、大量に面材を付けなければならない時に、クランプやハタガネを使わずに挟む方法を紹介しますね。
大きな工場だと、それなりの設備もあり、工具なども十分に揃っているかと思いますが、小規模でやっている所だとあまり設備なども満たされていないケースが多いですね。
そういった場合でも物は作らなければ食っていけません。知恵を絞って何とかしなければいけませんね。
まずは治具から作ります。
下画像のような形の合板を作ります。後で3分のボルトを通すので10㎜の穴も開けておきます。位置は画像のようにセンターから少しずらして開けます。
次に治具を囲う台座を作ります。
板を用意し、治具が少し出っ張る位置に合わせて10㎜の穴を開けておきます。
ボルトを通してワッシャーを挟み治具を差し込みます。
上部の板を止める為の縦板も用意し、接着剤とビスでがっちり固定しておきます。高さは治具+ワッシャー2枚分+隙間1㎜にします。
穴を開けた上部の板を載せて同じくビスで固定します。
ボルトの上下はダブルナットにして緩んで外れないようにします。締め付け過ぎると治具が回らなくなるので、確認しながらナットを締めましょう。
下の画像を見れば分かりますが、ボルト穴がセンター位置からずれているので、回すと治具が迫り出てきます。
この迫り出しを利用して面材を締め付けます。
同じ治具を複数製作し、台に固定します。
かなりの力が加わるところなので、がっちりと動かないように固定します。
合板を乗せる為の板を敷いて、奥にストッパーとなる框を固定します。
固定する位置は、挟む合板と面材、当て板を仮に置いてみて、治具を回した時に良い具合で締まる位置にします。
セッティングが出来たら、うまく締まるか確認し、接着剤をつけて治具を回転させ、挟んでいきます。


これで面材付けは終了です。
数が多い物だと、この治具を2セット作り、ハネムーン接着剤を使えば交互に挟めるのでかなり効率的ですよ。
ちなみに、治具の向きを全て同じにすると締めた時に面材が滑ってずれてしまうので、向きは交互にすると良いです。
是非お試しを。
ではまた。