コロナの影響でしょうか、DIYブームですね。
何かを作るにしてもできるだけお金はかけたくない、という人も多いのではないのでしょうか。
そういう人たちのために今回は、100円ショップで手に入る材料で簡単な抽斗ボックスを作る方法をご紹介しますね。

私が住む地域にはダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツなどがありますが、
使えそうな材料を調べるためにお店の中でスマートフォンを使い、色々とメモしていた変なおじさんは私です。
お店の方、ご迷惑おかけしました。( TДT)ゴメンヨー

では始めますね。
最初に、セリアで売ってるべニヤ2.5×300×450㎜(桐の木目)
これに15㎜幅で毛引きをかけます。両面から何度かかけると切断することができます。
これを4枚作ります。
これを後で側板と中仕切りに貼り付けます。


次に、背板になるところも引き割っておきます。135×450㎜で2枚
同じくセリアで売っていた檜の無垢材
15×115×250㎜今回はこの材料を多く使います。反りの少ない物を選びましょう。
最初に引き割った15㎜のベニヤを板の厚みにあわせて瞬間接着剤で貼り付けます。指まで接着しないように注意です、よくやります(笑)
瞬間接着剤はダイソーで用意しました。
飛び出たベニヤは切っておきましょう。板に貼ったサンドペーパー(♯120)で仕上げます。
サンドペーパーと板に貼る接着剤はダイソーのを使いました。

同じ物を4枚作ります。
次に、ワッツで手に入る材料を用意します。
サイズ10×50×910㎜の檜材4本です。
端から298㎜と15㎜入ったところに墨を出します。左右対称ですね。


墨に合わせて中仕切りを瞬間接着剤で接着します。(組み始めは位置合わせが大変なので、ここは瞬間を使ったほうが楽)
必ず直角を確認しながら行ってくださいね。
接着剤だけだと弱いで、ビスで固定します。
そのままビスで止めると板が割れてしまうので下穴をあけます、鉄鋼キリで径は2.5㎜とかで良いでしょう。
これもダイソーで手に入ります。
ビスの長さは25~32㎜くらいが良いでしょう。(ダイソーに各種コーススレッドが売ってましたよ)
反対側は木工用ボンドで組みます。墨からずれないように注意してくださいね。(木工用接着剤はダイソーで笑っちゃうくらい大量に売ってましたし)
側板も同じように組んでいきます。これで片面は組みあがりました
ひっくり返して反対面も同じように組みます。
最初に引き割っておいた背板を釘で打ち付けます。丸釘セットがワッツで売ってました。
箱のワイド寸法が910㎜に対して、ベニヤが450㎜二枚なので長さが10㎜足りないですね。色々と探したのですが大きいサイズのベニヤがありませんでした。
内部が抽斗ボックスなので良しとしましょう。
次に使う材料もワッツで手に入ります。
10×50×910㎜と10×30×910㎜
これを149㎜で4本づつカットします。セリアののこぎりガイドとても便利です、なんでもありますねー
しかもこののこぎりガイド、磁石がついていて、ピタッとのこぎりがくっつきます。
この切った部材がずりざんになります。
中仕切り部分は50㎜幅を使います。
センターになるように墨を出しておいてビスで止めていきます。

側板の部分は30㎜幅のを使います。
全て止めたら箱本体は完成です。
次は抽斗作ります。
使う材料は側板と中仕切りで使ったものと同じ、セリアで売っていた15×115×250㎜を使います。
トリマで底板用の溝をつきます。
ビット径は6㎜で深さは6㎜
2枚は溝を端から端まで通します。


もう2枚は通さずに5㎜ほど残して止めます。
溝を止めたのが抽斗の側板、溝を通したのが口板と向こう板になります。
底板になるMDFを用意します。5×300×450㎜これはセリアで買えます。
これを230×260㎜でカットしておきます。
では組んでいきます。
側板を勝ちにし、木工用接着剤を使い横からビスで組みます。(下穴を忘れないように)
セリアで組み立てを補助してくれるグッズをみつけました、これ便利ですね~(笑)

3方組んだら底板を差し込みます。最後に側板をはめ込んで止めたら抽斗は完成です。
これを3つ作って箱本体に入れたらオール100均製抽斗ボックス(こんなネーミングで良い?)の完成です。
できるだけ加工は最小限に抑えてみたのですが、この記事を見て作る人は果たしているのでしょうか(笑)
私が書いた記事【簡単な椅子の作り方】で実際に制作した方をブログで見かけましたが、そういうのって嬉しいですねー
興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

かかったお金(材料のみ)

・セリアベニヤ板 2.5×300×450㎜=2枚 税込み220円
・セリア檜無垢板 15×115×250㎜=16枚 税込み1760円
・ワッツ檜無垢板 10×50×910㎜=5本 税込み550円
・ワッツ檜無垢板 10×30×910㎜=1本 税込み110円
・セリアMDF 5×300×450㎜=3枚 税込み330円

計2970円  安い(笑)

どうでしょうか、カントリー風な家具にしたいなら、このまま塗装して抽斗のつまみと天板を載せれば、いい感じになるかもしれないですねー

次の記事では、このボックスをもう少しグレードアップさせたいと思います。
もちろん使うのは100均の材料で!

ではまた。