裏金のきつさや、ねじれの調整方法について説明します。
穂(鉋の刃)と裏金の刃裏は完全に密着していることが必要です。
断面
穂の刃先を刃口まで叩き入れた状態で
裏金を鉋台に手で押し込んでみてください。
裏金押し込む
刃先から7㎜くらい手前で止まるように調整します。
(画像は見やすいように白く加工しています)
裏金入れ位置
外して
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
台頭
きつい場合は裏金の折れ曲がっている部分を
レールの上で叩き戻します。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
裏金戻し


ゆるい場合は叩き出します。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
裏金出し
同時進行で捻れも確認しながら調整します。
裏金確認
後に玄能で叩き入れて
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
裏金叩き入れる
刃先が密着しているか確認します。
隙間確認
下図は穂の刃先と裏金の刃先の差です。
刃との差









【前の記事へ】..【次の記事へ】