平鉋と立ち鉋の写真

鉋を上手くかけるためには、台の調整も重要です。
たとえ刃を完璧に研いでも、台が狂っていると、きれいに仕上げるのは困難になります。
今回は、立ち鉋を使ってかんな台を調整する方法について説明します。
立ち鉋の仕込み方は、刃先角が約35°で、刃が立っています。
研ぎ方と仕込み方は平鉋と同じなので、過去の記事を参考にしてください。
ちなみに、立ち鉋には裏金はありません。
刃口の調整を行います。 仕上げ鉋は刃口が約0.3㎜(コピー用紙1枚分くらい)です。 鉋断面 鉋くずの厚さと刃口