板を外側から釘やビスで止めるのが困難な場合や
後から仕切りを入れたい、固定棚を追加したい、
床や壁、天井に固定したい、
そんな時などによく使われる方法です。
インロートップ
板厚は20㎜で説明します。
板の木口面に溝をつくわけですが、
下図の赤い矢印の部分の残りが少ないと
反り返ってくるので、最低でも4㎜は残した
ほうが良いと思います。
インロー断面詳細
トリマには10㎜のストレートビットを付けました。
インロートリマ

溝幅は12㎜なので、両側から走らせようと思います。
インロー加工
トリマの定規に対して外側で落とすか、内側で落とすか
によって進行方向が変わります。
刃の回転方向との関係をよく知っておく必要があります。
木工用のトリマ用、ルーター用ビットは基本的に
時計回りなので、そこを考慮に入れて加工しなければ
怪我をしたり材料が飛ばされたり、食われたり、
といった危険がありますので注意しなければなりません。
下画像、トリマ本体は消してありますが、
定規の位置、刃の回転、落とす位置、トリマの進行方向の
関係について説明してあります、参考にしてください。
加工進行方向
加工進行方向2
前面は通さないで10㎜程度残します。
インロー手前
背面は通します。
インロー後ろ
溝をつき終わったら中に入れる桟木を作ります
幅は手で押し込んで軽く入るくらいで大丈夫です。
厚みは溝の深さが10㎜なので、余裕をみて9㎜で作ります。
桟木
位置を決めたら接着剤をつけて細ビスか、
エアータッカーで止めます。
桟木打ち
接着剤を入れて差し込めば完成です。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
インロー動画