什器などを長年制作していると、様々な形の物に遭遇しますね。
例えば、下の図面のように、天板が斜めになっていて、そこに開口がある、なんて頭が痛くなるようなパターンですね。

まず、この図面を見て、どう作ろうか考えてみてください。多くの人は下画像のような作り方を考えるのではないでしょうか。
合板を切り抜いたまでは良いけれども、前後を勾配に落とすのは大変ですね。
角度調整できるトリマーで定規をセッティングして落とそうか・・・・考えただけでも嫌になります。

こういう場合、私ならもっと簡単にやります。
下画像のように、バラバラにパーツ分けして、勾配は昇降盤や横切り盤で切ってから、合体させる、
という方法で作りますね。材料も端材とかを使えるので経済的です。
組む時は横材を通して組めば真っ直ぐになります。
順序は変えても良いですが、後は内側面と底板を組んでいけば良いだけです。
腰面と天板の組手は、天板勝ちにして組めば、繋ぎの部分も真っ直ぐになるので問題ないですね。
最初に図面を見て、どう作ろうかと考えた時に、全ての工程を頭の中でシミュレーション出来るかどうかで
制作スピードにかなり影響が出るのだと思います。

数が多いものだと、製作スピードにかなり差がでますよ。
ぜひ今後の参考にしてみてください。

ではまた。