0トップ
製作する箱の背面が壁に隠れて見えない場合は背板に薄い合板(ポリ合板やベニヤ板)
を溝に差し込んで仕込む、という方法があります。
軽量化と材料費を抑えるという利点がありますが、
背面を壁にビス等で固定する場合、止めたい位置に
下地が入ってないというデメリットもあります。
特に吊り棚などは確実に壁に固定しなければ安全面で問題が生じます。

製作する時はそういう場面を踏まえて加工に入らなければなりません。
説明画像は、板厚が20㎜、ポリ合板厚は2.5㎜、溝の深さは5ミリで
モデリングしてあります。
1図
1

2
溝をついたら、三方向組み立てます。
3
ポリ合板を差し込んで
4
最後の板を組みます。
5
平らな台の上に箱を置いて、タッカーステープルを斜めに打ち込んで固定します。
タッカーステープルの大きさは、幅4㎜長さ10~16㎜ か幅10㎜長さ10~13㎜、程度で
良いでしょう。平らな板の上で止めることによって箱の通りが真っ直ぐになります。
6
直角の定規を使って矩手(カネテ=直角の事)見ながら固定します。
7
四方向打ち終えたら、下地となる桟を用意します、サイズは12×50㎜
背板が薄い場合は反り返るので裏の下地は反り止めとして
真ん中にも入れておきます。
8
接着剤をつけてステープルで固定していきます、ステープルのサイズは
幅10㎜長さ10㎜で良いでしょう。
10図
10
例えば下画像のような吊り棚だと壁の下地位置と箱の下地位置が
合わなくて固定する箇所が限られてしまう、といった場合も多々あります。
そうならない為に、箱の下地幅を広くするとか、下地材を全面貼り付けるといった
対処方法も必要となるでしょう。
11



はじめての家具作り
加藤 晴子
山海堂
2004-11