今回は木工カウンター製作で最近多くなってきているカウンター荷置き台の製作例を説明します。

寸法は記入していませんが下図が大ざっぱな図面となります。
断面図はよくありがちな施工図風に書いてみました。

カウンター荷置き台断面図
この施工図通りに作ろうとするとかなり大変なことになりそうです。
特に曲面部をどうしようか頭を抱えるのではないでしょうか。
カウンターの製作例でも紹介しましたが、ここでも簡単に製作出来るように方法を変えてしまいましょう。
作り方は下図のようになります。
全てパーツ分けして合体させるという方法です。
カウンター荷置き台断面イメージ
下画像のように荷置き台天板下までの下地を組み上げます。
カウンター製作
次に荷置き台天板より若干厚めの部材を下画像のように打ち付けていきます。カウンター荷置き天板部


他の下地材と天板を積み重ねるように組んでいきます。
カウンター積み重ね
外面に下地合板と化粧板を貼り付けます。
カウンター腰部仕上げ
ハンドルーターに目地払いビットをつけて荷置き台天板が刺さり込む位置を切り抜きます。ハンドルーター目地払いビット

マキタ 電子ルータ 12mm RP2301FC

カウンター荷置き天板溝

大日商 コーナービット 目地払いDX 12×12 MDX12-2251 【7965656
荷置き台天板を差し込んで固定したら完成です。
カウンター荷置き天板差し込み
簡単にすることで使う部材が少し増えてしまいましたが製作時間がかなり短縮できると思います。
強度的な面でも問題なく納められるのではないでしょうか。カウンター荷置き台完成

追記(2017/08/25)
コメントからの質問がありましたので、そこにお答えします。
荷置き台天板を差し込む溝幅は隙間を出さないように出来るだけ小さくしたいものです。
感覚的には天板厚+0.2㎜以下が理想です。カウンター荷置き台断面詳細

天板厚に不同がある場合は天板下面に段差をつけて差し込む溝幅を+0.5~1㎜程度にしておきます。
テープや単板などを溝下部に挟んで現物合わせで微調整する、という方法もあります。

上面に隙間を出さない。そこを最優先に施工法を予め考え解決したうえで製作に取りかかると、
失敗が少なくなり作業効率も良くなるはずです。カウンター荷置き台断面詳細3

ではまた。