st_0
スライド丁番のインセットタイプの仕込み方について
メッセージから要望がありましたので、そこを説明したいと思います。
四角い箱の中に扉が入っているパターンでは、隙間は全て2㎜
という設定です。
1
丁番の位置は扉の端から上下共に80㎜センターにしました。
st_01
では、まず扉と同じ長さのベニヤ板(厚み2.5㎜×幅100㎜)を
用意します。
st_02
次に座金のビス穴の位置を測ります。
この場合は37㎜と62㎜という事になります。
(使う丁番によって位置は変わります。)
st_03
幅も測ります。32㎜ですね。
st_04
ではベニヤに位置を移し書きます。
80㎜をセンターにして32㎜の線を引きます。
st_05
前から37㎜と62㎜の線も出します。
st_06
上下前後を間違えないように勝手墨を出しておきます。
st_07
前を平らに合わせて箱の側板にクランプで挟みます、
そのとき、扉の隙間分(2㎜)があるので2㎜のパッキンを
下に挟みます。
st_08
st_09
千枚通しで座金ビス穴の部分に穴を開けていきます。
st_10
穴に合わせて座金を固定します。
st_11
正確な位置に座金を付けることができました。
st_12
次は、天・地板がかぶせになってるパターンです。
st_13
st_14

同じように扉と同じ長さのベニヤに座金の位置の墨を出し、
扉を吊る位置に合わせます。
st_15
天・地板共に内側から下画像のように墨を出します。
st_16
st_17
出した墨に合わせてカットします。
st_18
st_19
前を平らに合わせてクランプで挟み、千枚通しで
座金ビス穴の部分に穴を開けていきます
st_20
座金を固定して終了です。
st_21
st_22
今回はインセットで説明しましたが、全かぶせや
半かぶせも要領は同じです、ぜひ参考にしてみてください。