家具を製作する場合のコーナーの組み手について
紹介したいと思います。
仕様、数、大きさ、強度、手間、によって数多くある組み手の中から
適切なやり方を選ばなければなりません、その中でも簡単な方法を
ピックアップしてみました。
組み手
【いも組み(打ち付け継ぎ)】
外面がまったく見えない場合や仕上げ材(化粧板や練り付けベニヤなど)を
後から貼る場合などに用いられる組み手です。
いも
接着剤(木工用ボンド等)をつけて、コーススレッドや細ビスで組むと
結構な強度があります。
(コーススレッド、細ビスは板厚の2~3倍の長さの物を使用してください。)
いも2
【びんた組み(包み打ち付け継ぎ)】
びんた正面図
側面が既に仕上がっていて、天板、地板が見えない場合や
接着面を多くして強度を持たせたい、
などの場合に用いられる組み手です。
びんた組み
接着剤(木工用ボンド等)をつけて、
当て板を当てて、ハタガネで挟みながら組みます。
コーススレッドや細ビスで組むと
かなり強度があります。
(コーススレッド、細ビスは板厚の2~3倍の長さの物を使用してください。)
びんたビス
釘打ち機だと強度は弱まりますがスピードは上がります。
(釘打ち機は慣れないと横に突き出てしまうので、
コーススレッドか細ビスが無難かもしれません・・・)
びんた、タッカー
【片胴付き】
側板、天板、地板が既に仕上がっている場合などに
用いられる組み手です。
片胴突き正面図
片胴付き組み
接着剤(木工用ボンド等)をつけて
ハタガネなどで挟んで組みます。
加工や組む手間の割には強度は弱い組み手です。
四角い箱で板厚が薄い場合や、
背板が無い場合には強度不足ですので
避けたほうがいいと思います。
片胴付き組み2
【ビスケット】
ビスケット組み正面図
片胴突きと同じく側板、天板、地板が既に仕上がっている場合
などに用いられる組み手です。
ビスケット組み
専用の電動工具で加工しますので片胴突きより手間はかかりません。
※スマートフォンの方は画像をタップすると動画が見られます。
ビスケット
接着剤(木工用ボンド等)をつけて
ハタガネなどで挟んで組みます。
ビスケットの種類は下図を参考にしてください。
ビスケット詳細
接着面積が小さい分、片胴突きより強度は弱いと思います。
板厚が厚ければ、ビスケットの数を増やして強度を強くする
事も出来ます。
組む
【ダボ組み】
ダボ組み正面図
単品ではお勧め出来ませんが、量産家具などに多く用いられる組み方になります。
ダボ
精度が求められるので専用の木工機械での加工が主となります。
正確な位置を出してドリルなどで加工もできますが、精度が悪く
手間がかかりますので、あまり実用的ではありません。
ダボの種類は下図を参考にしてください。
ダボ詳細

ダボの穴の中に接着剤(木工用ボンド等)を入れてプレス機、
ハタガネ等で締め付けて組みます。
強度はビスケットと同じくらいだと思います。
組む