アーチ状の成形板などの小口に木単板(0.6㎜)を貼る場合、長さを何等分かに貼り分ける、といった方法が一般的ですが、つなぎ目の線が何か所に出てしまい、木目も流れてしまいますね。
木目をアール形状に沿うように、しかもつなぎ目を出したくない、そんなリクエストをされたら職人として、「出来ません」とはなかなか言えませんよね。
ちょっと手間が掛かりますが、うまくやる方法があるので紹介します。
まず、アーチの外周より長い単板を用意します。表面に下画像のようにV字の墨を出しておきます。
裏面に速乾ボンドを吹き付けます。(ハケ塗り用でも可)
単板を引き割る道具を作ります。10㎜×70~50㎜×180㎜の板を二枚用意します。
カッターの刃でも良いのですが、出来れば剃刀の刃が理想です。下画像のように配置します。
フェザー ハイ・ステンレス 両刃 10枚入
挟みこんでビスでしっかりと固定します。
斜めに出た刃の高いところは1.5㎜程度で良いでしょう。これで引き割る道具は完成です。
きれいなベニヤ板を用意して、その上に速乾を塗った面を下にして単板を置きます。
真っすぐな板を用意して、それを定規に少しだけ縁の部分を落とします。
次に6㎜で引き割りたいので定規を16㎜でセッティングします。
割っていきます、まず一枚目。
繰り返して8枚引き割ります。
5.5㎜のベニヤ板を用意して引き割った単板を下画像のように立てて並べます。
同じ厚みのベニヤで挟んでビスで固定します。
ベニヤと単板が平らになるまで鉋で削ります。
角利 二枚刃鉋 油台 60mm
次にベニヤ板を4㎜厚に取り換えて裏面も同じように平らになるまで削ります。
削り終えたらV字の墨通りの順で並べます。4㎜幅の単板が8枚出来上がりました。
成形板の小口に速乾を塗ります。
アイカ エコエコボンド 耐熱 ゴム系溶剤形接着剤 化粧板用速乾 建築内装用ハケ塗りタイプ 3kg RQ-V1
速乾が乾いたらV字の墨順でアーチ枠に沿って単板を貼っていきます。まず内側から。
単板が重ならないように、隙間が出ないように、気を付けながら順に全てを貼ります。
内周と外周は長さが違うのでV字の墨を少しずらして貼るのがコツです。
堅木のへらなどで擦って圧着しておきます。
接着不良があると困るのでアイロンで押しておきます。
速乾ボンドは熱が加わると柔らかくなるので着きが良くなります。
耳を取って仕上げたら完成です。

今回のアーチ枠は厚みが30㎜だったので、単板を4㎜×8枚で32㎜という計算で削りました。
アールの大きい曲面だと、もっと幅は広く取っても大丈夫だと思います。
やる機会はあまり無いとは思いますが、こういうやり方もあるんだ、という事を覚えておいてください。

ではまた。