化粧板を使って家具を作る方法についてコメントよりお問合せがありましたので、記事にて説明したいと思います。

DIYで、という事なので、簡単な四角い箱を基本的な手順で制作してみますね。

これが図面になります。外側面、外上下面は見えるので、全て化粧板を貼る必要があります。

ポリ化粧板を使いますが、最近ではホームセンターやネットでも売っています。(ポリエステル化粧合板で検索してください)
サイズは3×6(2.7×910×1820㎜)4×8(3.8×1220×2430㎜)があります。
今回は3×6サイズのポリ版を使います。
まずはポリ版を、下地となる合板に貼る方法を説明しますね。


接着剤はアイカのエコエコボンドハケ塗り用を使います。
私の今までの経験では、この速乾ボンドが一番つきが良いと思います。

これを双方に塗ります。まずはランバーに。
溜まりが出ないようにハケでよく伸ばしてください。
そしてポリ板にも塗ります。
表面を触って、指にくっつかなくなるまで乾いたら、貼り合わせます。
後は、ゴムローラーで圧着します。
ここまでが速乾ボンドを使った貼り方の基本手順です。
メラミン化粧板を貼る時も同じです。
貼り合わせる時にズレてしまうと、はがすのが一苦労なので慎重に行いましょう。

下画像が全てのパーツです。15㎜厚のランバーに片面ポリ版を貼ってあります。
寸法通りに四角くカットするスキルの無い人は、ホームセンターでランバーを寸法通りにカットしてもらい、
ポリ版も10㎜ほど大きくした寸法でカットし、貼り合わせてから目地払いビットで落とす、という手順で行ってください。
では組み立てます。内面はポリ版が貼ってあるので接合部は木工用ボンドがつきません。
もし不安なら、瞬間接着剤のシアノンホワイトが良いです。すぐ固まらないので時間的猶予があります。
組み立てはコーススレットの41㎜を使います。

組み立てを終えたら次は外面にもポリ版を貼るので、まずは箱の両側面に大きめにカットしたポリ版(+10㎜ほど)双方に速乾ボンドを塗ります。
乾いたら、貼り合わせます。以後の手順は、【サイコロ状の箱を制作する】でも説明していますので、そちらも参考にしてみて下さい。
トリマーにストレートビットとガイドを装着し、正面側と後ろ側を平らに落とします。
角はトメにするので、トメ切りビットを使います。そのままベアリングだけを使うと端が食われてしまうので、ストレートガイドも併用します。
貼った時に角が合うように微調整が必要です。

天地に貼るポリ版側のトメ加工は45度ビットを使います。
合板などを定規にしてトメにしていきます。長さの決め方は【サイコロ状の箱を制作する】を参考にしてください。

トメ先をマスキングテープで養生して速乾ボンドを塗ります。
トメ先には木工用ボンドをつけます。慎重に位置を合わせながら貼っていきます。
トメ先の木工用ボンドが乾くまで、マスキングテープで押さえておきます。
トリマーで平らに落としたら、板に貼ったサンドペーパーで小口面を仕上げます。
小口テープ(のり付き)を貼るので、ここでも速乾ボンドを塗ります。
小口テープは薄いので、速乾ボンドを塗った時に凹凸があると表面に出てきます。
出来ればシンナーで少し薄めてプライマーのように塗るとキレイに仕上がります。
テープも四隅はトメにして貼りたいので、余分なところはくっつかないように、紙などを置いておきます。
シールをはがした時のツルっとした紙なんかが理想です。
テープを貼って、45度定規を使い、カッターで切ります。

反対側も同じく貼ります。
短い方は長さを切り合わせて、貼ります。

圧着してテープのはみ出た部分を角っこで取り除きます。

トメにしたポリ版の角はペーパーで糸面を取り、はみ出た速乾ボンドはシンナーで拭き取りましょう。

最後に、ポリ版をトメに加工するのは大変なので、別の方法も教えますね。
下画像のようにポリ版の小口を片方に出して貼ります。
そして、その上からテープを貼ると、側板を側面から組み立てたように見えてしまいますね。(笑)

このように、まだまだ色々な裏技的な方法もありますが、その全てをここで紹介すると膨大な量になります。
今後、出来る限り記事にして残そうとは思っていますが、なんせCGなので時間がかかります。

今回のこの記事を参考にしてDIYを楽しんでくださいね。

それではまた。