私が勤めている会社でも導入されていますが、コンピューター制御のNCルーターという加工機械をご存じの方も多いかと思います。
専用のソフトやCADで座標を出して複雑な形状を切り抜いたり、面取りや溝抜きなど用途は様々です。

このNC工作機械を動かすためにはGコード(NCプログラム)というXYZ座標のプログラムを打ち込まなければなりません。
このGコードをフリーのCADソフトで生成する方法がありますのでやってみたいと思います。

まず最初にGコードを生成するフリーソフト(NCVC無料)をダウンロードします。NCVCのダウンロードはこちらから

NCVC

NCVC2
次にフリーCADソフトをダウンロードします、基本的にはDXFファイルに対応しているCADソフトなら大丈夫だという事ですが、
フォントをアウトライン化できるAR_CADでやってみたいと思います。AR_CADのダウンロードはこちら(ユーザー登録が必要です。無料) AR_CAD2

AR_CADをインストールしたら、まず最初に0レイヤの名称をCAMに変更します。(CAMレイヤは0レイヤに限らず、好きなレイヤに何個でも作れるようです)
そして1レイヤをORIGINに変更します。
今回は1のレイヤで説明していますがORIGINレイヤは例えば10のレイヤでも、どこでも構いません。
レイヤの名称をこのように変更しなければNCVCには読み込まれないようです。
AR_CAD3
ではNCで文字を掘り込むためのフォントを設定します。
0レイヤ(CAMレイヤ)を描き込みレイヤに指定します。
簡易文字ツールを選択し、好きな文字を打ち込みます。ここでは【極】と打ち込みました。
AR_CAD4
文字の外周を掘り込むためのアウトラインを生成しなければならないので要素選択ツールで文字を選択した状態で、
右クリック→アウトライン→アウトライン作成を選択。変化は見られませんが、アウトラインが生成されています。
AR_CAD5
1レイヤ(ORIGINレイヤ)を描き込みレイヤに指定して任意の位置(これが座標の原点になる)に円を描きます(中心が重要なので大きさは適当で構わない)
AR_CAD6
ではこれをDXFファイルで保存します。
ファイル→エクスポート→DXFファイルを選択して保存します。AR_CAD7

AR_CAD保存
NCVCを開いて、ファイルメニューから開くを選択して、保存したファイルを開きます。

うまく読み込めると下画像のようになります。
NCVC読み込み
次に、ファイルメニューからNCデータの生成→標準生成を選択。
NCVCデータの生成
そのままOKを押します。
NCVCデータの生成2
ずらりとGコードが生成されました、ビューポートも4面表示されます。
NCVCデータ生成完了
トレース実行ボタンを押すとこのプログラムがどのように動くか、シミュレーションもできます。NCVCトレース

NCVCシミュレーション
実際にNC加工するには刃物の大きさや深さ、加工スピードなど細かな設定が必要になります。
それらの設定について細かに解説されている書籍があります。機会があればぜひ読んでみてください。

極

 ではまた。