合板などを使って長い板材を作る場合、どのように作れば良いでしょうか。例えば、幅600㎜、長さ4000㎜の場合です。大きめに作ってもパネルソーで切り回しができませんし、電動丸ノコで切り回すのも面倒です。
ボルトで繋ぐという手もありますが、これも加工が面倒です。
この長い板材を作る方法を紹介します。作る板材のサイズは20×600×4000㎜とします。15㎜の合板を下地に使い、下画像の寸法に正確にカットします。後で切り回しはしないので、必ず仕上がり寸法で決めてください。
ランバーコア合板を600×2400㎜と600×1200㎜でカットした繋ぐところにジョイントカッターでビスケット加工をします。


ジョイントカッターで加工4か所も入れれば十分でしょう。
ビスケット#20を4か所入れた
接着剤をつけて繋ぎます。
ランバーコア合板をビスケットジョイントしたパイプクランプがあれば、繋ぎも楽ですね。
パイプクランプで合板をジョイントパイプクランプ結合部拡大


仕上がり寸法の下地が完成したら、2.5㎜のベニヤを両面に貼ります。ベニヤは10㎜程度大きくカットし、下画像のように繋ぎの位置は下地とずれるように用意します。
合板のつなぎとベニヤのつなぎをずらす速乾ボンドを使い振り分けで両面貼り付けます。
ランバーコア合板下地よりベニヤサイズは大きいサイズで貼るベニヤをつないで貼ったトリマーにストレートビットを装着し、定規もセッティング
トリマー拡大平らになるように合わせたら、全て削り落としていきます。
トリマーとストレート定規で目地払いこれで、正確な長い板材が出来上がりました。
長い板材の完成

速乾ボンドでは不安な場合や、もっと頑丈に作りたい場合は、プレス機を使って白ボンドで二回に分けて挟むと良いです。今後の参考にしてください。
それではまた。

次の記事 【3DプリンターOriginal Prusa i3 MK3S+を買ってジョイント用パーツを作ってみた。】

前の記事 【ひな壇の作り方】