ボルト組み

トメ(45度)でカットされただけの板同士を直角に組む時に、あまり手間はかけたくない、でも強度は欲しい。
そんな時はボルトを曲げてジョイントするという方法があります。
製作例では二分ボルト(6㎜)長さ150㎜で説明します。
まず、ボルトの真ん中にマジックペンで印をつけます。
ボルトがすっぽりと入るパイプを2本用意して印のところまで入れます。
ボルト
反対側からもパイプを差し込み折り曲げます。
ボルト曲げ
角度が直角になるように合わせます。
曲げボルト
次にナットを締めるための穴をボール盤で開けていきます。
ボルトを差し込んだ時に先端が10㎜くらい出る位置に穴を合わせます。
ボール盤穴
ボルト穴位置
ボルトの穴は少し余裕をみて8㎜径の木工用ドリルで開けます。
ボルト穴開け
ボルトを入れたら接着剤をつけて組みます。
ボルト組み立て
ワッシャーを入れ、ナットをねじ込みスパナで締め付けていきます。
この時両方をバランスよく締めないとトメ先がずれるので注意しながら作業します。
ナット締め付け
はみ出た接着剤を拭き取ったら完成です。
今回は24㎜ランバー合板で説明しましたが、繋いだ後で仕上げ材(ポリ合板や練り付けベニヤ等)を貼って仕上げるという方法もあります。
逆に片面が仕上がっている板同士を組む場合にも使えます。
ボルト組み完成
変則的な角度で繋いだ例
ボルト変則的な角度
下画像は入り口枠を組んだ例。
様々な場面での応用も可能なので頭に入れておいてくださいね。ボルト枠組み

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA