カウンター の製作例

多くの店舗や施設などにはカウンターがあります。
受付カウンターや景品カウンター、サービスカウンター、レジカウンターなど。
今回は病院関係などで一番多くありがちな受付カウンターの製作例で説明します。
大きな曲面と両サイドに直線がある形状で図面を書いてみました。
両サイドの直線部は現場ジョイントということになります。
カウンター断面図
カウンター平面図
イメージ図はこんな感じです。
カウンターイメージ
カウンターイメージ2
断面図はわざとよくありがち風に書きました。
直線部はこの断面図通りでもどうにか作れそうですが曲線部はかなり困難で手間もかかりそうです。
特に下の天板は接地面が少なく弱々しい感じですね。
断面図がそうなっていてもその通りに作る必要はありません。
最終的にイメージ図通りの形状になっていれば良いはずです。
もっと簡単で楽に早く作れる方法に変えてしまいましょう。
パーツを5つに分けて作りやすく変えたのが下図です。
天板が2枚、腰が2台、巾木が1台、これをバラで作って合体させるという手順になります。
カウンター側面図
直線部分のA.Bをサイズカットし、縦ネダの位置を墨出しします。
ピッチは200~300㎜くらいで良いでしょう。
根太位置墨出し
曲線部分のA.Bは下図のようになります。
切り出し方は記事【R材の切り出し】を参考にしてください。
カウンター原寸
カットが終わったら直線部と同じように墨出しします。
曲線の場合は間隔を少し狭めて100~120㎜くらいで良いと思います。
R部材墨出し
縦部材をカットしたら釘打ち機やビスで組んでいきます。
カウンターの製作組み立てカウンターの製作組み立て2
カウンターの場合ほぼ確実に電気配線が中を通るので中ネダは間を開けておきます。
配線
ジョイント面にも配線用の穴を開けます。配線穴

Officek 硬鋼チップ ホルソーセット 鉄・ステンレスにも対応 10個セット
腰部分(A.B)が組み上がりました。
カウンター腰下地完成
曲線部の巾木は9~12㎜の曲げ合板を使います。
カウンター巾木製作
直線部分は全てランバー合板で作ります。
カウンター巾木完成
ジョイント部はボルトで繋ぎます。
曲線部分は一体製作なので接着してしまいます。
ボルトジョイント
直線部は現場ジョイントなのでバラしておきます。
カウンター腰部連結
天板製作については記事【R材の切り出し】【長さを繋ぐ】を参考にしてください。
カウンター天板下地
曲線部は先に繋いでからメラミン化粧板を貼ります。
直線部とのジョイント面は必ず仮ジョイントして目違いを取ってからバラしてメラミン化粧板を貼ります。
カウンター天板メラミン貼り
まずは曲線部の下天板から固定します。
天板固定
次に上の腰(B)も固定します、ジョイント面は必ず平らになるようにします。
カウンターR部組み立て
直線部をボルトで繋ぎながら固定していきます。
カウンター直線部組み立て
外面に合板を貼るのでジョイント部をバラします。
カウンタージョイントばらし
9㎜のラワン曲げ合板を使いますが曲げ合板の呼び名とサイズは下図のようになります。
曲げ合板サイズ
曲げ合板はパネルソーで幅を決めて横切り丸ノコ盤などで直角に切ります。
木工用接着剤をつけながらタッカーで止めていきます。
ここで直角が決まるのでジョイント面と上部は必ず平らになるように止めていきます。曲げ合板打ち付け

日立工機 高圧ピン釘打機 釘足長15~55mm 空打ち防止 打込み深さ調整機構 NP55HM
端から順番に上下を止めていきます。
曲げ合板打ち付け2
縦ネダの位置はあらかじめ上部に墨出ししておくと打つ時にとても楽になります。
直角定規などで端から順番に打っていきます。
もしずれてきたらクランプやハタガネなどで挟んで上面を平らに合わせて止めるようにします。
曲げ合板打ち付け3
貼り終えたら出っ張った部分を目地払いビットや鉋などで平らに削ります。
直線部も同じ要領で9㎜合板を貼ります。
出張落とし
ひっくり返してジョイント面と内側を平らに合わせて巾木を固定します。
巾木固定
ここで再度ボルトで仮ジョイントします。
カウンター仮ジョイント
ジョイント部の目違い(段差)を鉋やペーパーなどで平らにしておきます。
ジョイント部目違い払い
ジョイントをバラして化粧板を貼る工程に入ります。
今回使うのはメラミン化粧板ですが、ポリ合板や練り付けベニヤなどを貼る場合でもほぼ同じ工程です。
曲面なのでカットするサイズは少し大きめ(20㎜くらい)にします。
カウンターばらし
ジョイント部とメラミン化粧板のつなぎ部は木工用接着剤をつけたいのでマスキングテープで養生して速乾ボンドを吹き付けていきます。
速乾吹きつけ
メラミン化粧板のつなぎ部はほんの少しだけペーパーなどで面を取っておきます。
両端をマスキングテープで養生し、速乾ボンドを吹き付けます。
メラミン面突きつけ部拡大 両端に木工用接着剤をつけ、細い棒を並べた上に置き、位置を合わせます。
カウンターメラミン貼り
棒を順番に抜きながら、ローラーで圧着していきます。
ジョイント部は当て板とクランプで挟みます。カウンターメラミン貼り2

シティア ウレタンローラーベアリング入 #34 40x40V 中
つなぎの部分中間はクランプでは無理なので下画像のようにして1~2時間挟んでおきます。
カウンターメラミン貼り3
巾木部分も同じ要領で貼り終えたら目地払いビットなどで耳を落とし、板に貼ったペーパーなどで平らに仕上げて外面は完了です。
腰部メラミン貼り終了
ジョイント面を平らに位置合わせして曲線部の上天板を固定します。
カウンター上天板固定
直線部をジョイントします。
カウンター直線部ジョイント
位置を合わせ直線部の上天板を固定します。
カウンター上天板固定
内側の合板を貼る前に配線用のひもを中に通しておきます。
配線用ひも
ボルトジョイント部を塞がない位置で5㎜の曲げ合板を端から順に止めていきます。5㎜曲げ貼り

SK11 エアータッカー T425L ステープル 10~25mm SA-T425L-X1
曲面下地が貼り終わりました。
5㎜曲げ貼り完了
次にポリ合板を吹きつけ速乾ボンドで貼ります、まずは半分。
内Rポリ貼り
曲面のサイズを測るには木取った時に出た端材を使います。
赤い矢印のようにあてて、切りたい位置に墨を出し、長さを測ってカットします。
R面ポリ長さ出し
同じ様に貼り付けて曲面は完了です。
内R貼り終了
直線部分は8㎜厚みにプライした板をカットし現場貼り用の部材として用意します。
直線部材
天板下の仕切り板は上下後ろの三方向をインロー加工します。
インローについては記事【インロー】を参考にしてください。
カウンターインロー加工
インロー固定は現場取り付け作業で行います。
位置を出して桟を固定します。
カウンターインロー桟固定
接着剤をつけて差し込みます。
カウンター仕切り板取り付け
以上でカウンター製作は終了です。
カウンター内面カウンターの完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA