無垢材同士を組む場合や分解組み立てが必要な場合などに
用いられる組み手で、緊結力が強く抜けにくいという
特長があります。
アリ組み
溝加工用にアリ用ビットを使います。
アリ用ビット

板厚は20㎜溝の深さは10㎜に設定しました。
溝つき
位置を決めたらトリマを使って溝をついていきます。
溝つき2
次にしまりこう配をつけます。
まず溝をついた時の定規板手前に下画像のような
小さい板をクランプで固定します。
溝つき3
定規板を固定していたクランプ(手前)を外し
間に0.5~1㎜のパッキンを挟みます。
溝つき4
その状態で定規の板をクランプで固定し
小さい板を外します。
溝つき5
その状態でトリマを走らせます。
これで1.5~1㎜のしまりこう配が出来ました。
しまりこう配
今回使ったアリ用トリマビットの
ありこう配は76°になります。
アリ角度
仕切り板は昇降盤での加工になります。
最初に胴付きとなる切り込みを入れて、
軸の角度を14°に合わせ下図のように落とします。
アリ加工順
サイズは溝の手前に合わせてください。
仮組み
しまりこう配をつけてあるので、奥に入れると
きつくなります、何度か仮組みを繰り返し
微調整してください。
仮組み2
組み上がり












【前の記事】..【次の記事】