胴付き鋸で切り込みを入れます。

胴付き加工

 

これで加工は全て終わりです。

加工終了

差り込む側の内面の角を玄能で軽く叩いて少しだけつぶしてやると、組みやすくなります。

入り面

入り面2

仮組みして問題なければ接着剤をつけて組み立てます。

仮組み

組み立て

胴付き(31㎜の線)を厚みより1㎜大きくしたので組み上がると木口面が出っ張っています。

外面部

鉋で削り落とします。
木口を削る場合は裏金は外したほうが綺麗に仕上がります。

外面仕上げ

以上で完成です。

蟻組接ぎ完成

 

ではまた。