ar_01
無垢板同士を直角に接合する時に強度が要求される
場合に用いられる組手のひとつ【蟻組接ぎ】
という組手があります。
記事【留形隠し蟻組み接ぎ】では全て手加工で説明しましたが、
今回も同様に手加工でのやり方について説明したいと思います。

厚さ30㎜ 幅300㎜ 長さ500㎜のラワンの無垢板を使います。
ar_02
まず最初に組手の内側となる面に厚みより
1㎜大きい31㎜で毛引きを引きます。
ar_03
次に蟻の基準となる線を毛引きで引いていきます。
寸法は下図の通りです。
ar_04

2枚の板が抱き合わせになるように
合わせた状態で毛引きを引きます。
ar_05
全て出し終えました。
ar_06
蟻が差さり込む側の墨出しは下図のようになります。
ar_07
自由スコヤを76°に合わせて白引きで線を引いていきます。
角度の合わせ方については、記事【留形隠し蟻組み接ぎ】
を参考にしてください。
ar_08


ar_09


接点がずれないように正確に出します。
ar_12
木口にもスコヤを使って下図のように直角に引いていきます。
ar_11
ar_12
板を裏返して表面の墨も出します、この場合
注意しなければならないのは、毛引きや白引きで
余計なところまで引いてしまうと表面なので
傷となって残って見えてしまいます。
下図のように必要な部分だけ墨出ししたいと思います。
ar_13
自由スコヤに31㎜の部分に印を付け、そこを目安に
白引きで引いていきます。
ar_14
ar_15
31㎜の線も必要な部分だけ出します。
蟻が差さり込む側の墨出しはこれで終わりです。
ar_16
ar_17
次に蟻を差す側の墨を出していきます。
下画像のように木口側に自由スコヤで出していきますが
この時、ほんの少しだけ蟻部を大きくしたいので、
ほとんど勘みたいになりますが、若干外側にずらして
引いていきます。
ar_18
ar_19

板を裏返して表となる面に墨出ししますが、
ここも見えてくる面なので不要なところには
墨を出さないように注意します。
ar_20
ar_21
ar_22
全ての墨出しが終わりました。
ar_23
次に縦引き鋸で切り込みを入れていきます。
切り方の手順については、記事【ほその手加工その3】
を参考にしてください。
ar_24
ar_25
墨通りに切るのは難しいので少し残して切り込み
を入れます。
ar_26
ar_27
胴付き(31㎜の線)から少し離してノミを
直角に叩き入れます。
ar_28
下画像のように斜めに叩き入れて穴を掘っていきます。
ar_29
ar_30
ar_31
手順を繰り返し、裏表両面から掘り込んで貫通させます。
ar_32
残しておいた部分を墨通りに取り除きます。
同じ要領で不要な部分を取り除きます。
ar_33
ar_34
ar_35
胴付き鋸で切り込みを入れます。
ar_36


これで加工は全て終わりです。
ar_37
差り込む側の内面の角を玄能で軽く叩いて
少しだけつぶしてやると、組みやすくなります。
ar_38
ar_39
仮組みして問題なければ、接着剤をつけて組み立てます。
ar_40
ar_41
胴付き(31㎜の線)を厚みより1㎜大きくしたので組み上がると
木口面が出っ張っています。
ar_42
鉋で削り落とします。
木口を削る場合は裏金は外したほうが綺麗に仕上がります。
ar_43
以上で完成です。
ar_44



ではまた。