念の為ほぞ穴をノミできれいにしておきます。

横框、ほぞの加工に入ります。
手鋸で長さを切っているので木口が直角ではない可能性があります。なので胴付きの墨出しは全てスコヤで行います。

ほぞの厚みに合うように毛引きをかけます。
ほぞ出し
直角定規をあてて、レザーソーで胴付きの鋸目を入れていきます。
レザーソーで切り込み 胴付き
全ての胴付きに切り込みを入れました。
胴付き切り込み完了
毛引きの線を少し残して不要な部分をノミで荒取りします。
ノミでほぞを荒取り 荒取り後
トリマーをセッティングします。 (このトリマーの詳細は別の動画で紹介しています。)

https://youtu.be/Fz89AhyRyrg
トリマーセッティング

セッティング出来たので、ほぞの厚み部分を落としていきます。
トリマーでほぞ加工
無理なくスッと入るサイズに合わせます。
ほぞ合わせ
ほぞの隅をノミで取り除きます。