家具職人入門

木工家具や什器の作り方、鉋や鑿の仕込み方など、基本的ノウハウを CGを使って紹介します。

平ほぞ

ほぞ組みの種類はたくさんありますがここでは家具によく使われる平ほぞについて説明したいと思います。 一番簡単な平ほぞは、かまちを枠組みする時に多く用いられますが、両胴付き、三方胴付き、四方胴付き、用途によって様々です。 ま […]

大入れ 接ぎ

二枚の合板や木材をT型に組む場合、板厚と同じ溝を作って差し込む、という組み手になります。 かなりの重量がかかる家具の棚板や地板、構造や形状による要因で収まりを考えた場合使える組み手の一つです。 この組み手ははめ合いがきつ […]

あり形 大入れ接ぎ

あり形大入れ接ぎは、無垢材や合板などを直角に組む場合や分解組み立てが必要な家具などに用いられる組み手で、緊結力が強く抜けにくいという特長があります。 溝加工用にトリマ用アリビットを使います。      蟻加工の選択肢が広 […]

イ ン ロ ー

木合板や木材を外側から釘やビスで止めるのが困難な場合や後から固定棚を追加したい、仕切りを入れたい、床や壁、天井に固定したい。 そんな時などによく使われる方法です。 板厚は20㎜で説明します。 板の木口面に溝を入れますが、 […]

雇いざね 大留接ぎ

45度で切っただけの合板や木材同士を接着する場合、強度が確保出来ないため、接合部に溝を切り溝に合わせた板を差し込むことで強度を得ようとする方法です。 差し込む板の事をやといざね、と言います。 やといざねは、接合する板の厚 […]

留め形 包み打ち付け接ぎ

外面が仕上がっていて釘やビスも打てない、しかも数がある、そういう家具製作の選択肢としてこの組み手も覚えておきましょう。 加工は大変で精度も求められますが楽で早く組めるというメリットがあります。 横切盤で長さを決めて昇降盤 […]

腰付き 十字相欠き 接ぎ

板の正面側(木端)が面取り加工されてる場合に交差させる組み手の加工方法を紹介します。見た目がきれいなので高級家具などにはこういう作り方もあると思います。 たとえば丸面だったり 角面だったり 今回は板厚が20㎜で角面が3㎜ […]

十字 相欠き接ぎ

木材を交差させる組み手の中では簡単な手法です。あまり強度を求めない簡単な家具作りなどには良いと思います。 加工方法は前回と同じくルーターマシンかハンドルーターで行います。(今回も板厚は18㎜です) 板厚と同じ径のビット、 […]