家具職人入門

木工家具や什器の作り方、鉋や鑿の仕込み方など、基本的ノウハウを CGを使って紹介します。

引き違い戸の家具

今回は簡単な引き違い戸家具の作り方について説明します。 収納家具には欠かせない基本的な製作手法なので覚えておきましょう。 図面は下図になります。 寸法はワイド(W)=2000 奥行き(D)=450 高さ(H)=600㎜の […]

丸棒に ほぞを入れる

丸い棒にほぞ加工をする場合、できれば四角いうちにほぞ穴加工をしてから木地屋さん(木工旋盤で木材を丸くする所)で丸くするという方法を取りたいところですが、そうもいかない場合もあります。 今回はそういった場合に丸い木材の棒に […]

二方向 にほぞを立てる

ワゴンのような形状の家具を木材框組みで作る場合、ほぞを二方向に立てなければなりません。 今回はそういった場合の加工方法について説明します。 使う框は全て50㎜角で、D(奥行き)=600㎜ W(幅)=600㎜ H(高さ)1 […]

木材合板の長さを繋ぐ

無垢板や木工合板の長さを繋がなければならない時に、長くなればなるほど強度が心配になります。 工場でジョイントしてしまう時も、現場でジョイントする場合も、ボルトジョイントなら強度もあって安心です。 今回は現場ジョイントで説 […]

R材の 切り出し

木材合板や木材をアール形状を切り抜く方法は最近ではNCルーターで簡単に切り抜けますが、そういう設備のないところも多いでしょう。 今回は昔ながらのハンドルーター(電子ルーター)を使った作り方について説明します。 下図が平面 […]

天然無垢材で天板やカウンターを作る

天然木で天板を製作する場合、気をつけなければならないのは製材された無垢板には裏面と表面があるという事です。 年輪中心部から外側が木表、内側が木裏となります。 木裏に比べて木表は収縮率が高く乾燥させると木表側に反り返ります […]

Rの天板に無垢材を 付ける(その2)

今回はアールの天板やカウンターに付ける木材の面部材を切り出す方法について説明します。 形状は大きいアールと小さいアールで加工した天板になります。 大きいアールの面部材を切り出す型ベニヤを用意して、無垢材に墨を出していきま […]

Rの天板に 無垢材を付ける

アールの天板やカウンターに無垢材をつける場合、木材をアールの形状に切り出す方法や木材を薄く挽き割って曲げてしまう、という方法があります。 アールの形状に切り出すやり方だと手間がかかる割にはつなぎ目が出たり、木目がアールに […]